今日の絶景

今日の絶景

小豆島の霊場から見下ろす
瀬戸内の穏やかな晩秋

Magnificent View #058
西の瀧(香川県)

(C) MASAAKI TANAKA / SEBUN PHOTO / amanaimages

 ここは西の瀧。小豆島八十八箇所における42番目の札所、龍水寺の異称である。

 この寺は、800年以上の歴史を持つ山岳霊場。ご覧の通りの長い階段を登ると、崖に張り付いたような本堂にたどり着く。その中には、本尊である十一面観世音菩薩が祀られている。

 これまで幾多の人々が修行に励んできたこの霊場の境内からは、静かな瀬戸内海の絶景を見下ろすことができる。

 壺井栄の名作『二十四の瞳』のモデルともなった小豆島の秋は、見る者の心を和やかにしてくれることだろう。左から張り出しているのは三都半島。ここにある小豆島芸術家村には招聘作家が数カ月単位で滞在し、地域の人々と交流しながら日々アートの制作に励んでいるという。

2013.11.27(水)

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ