知ってトクするトラベル・インフォメーション

知ってトクするトラベル・インフォメーション

まるで大トロ! 凝縮された旨味
八戸の「船凍さば漬け丼」

八戸沖合で獲れる最上級のサバ

 日本のサバの主漁港として最北端に位置する青森の八戸漁港。そこから数キロ離れた沖合で漁獲される「八戸前沖さば」は、脂の乗りが一般的な真サバに比べるとはるかに高く味も絶品、新鮮なうちに水揚げされたものは後味も良く、凝縮された旨味が口中に広がる。まさにサバの王様といったところだ。

「俵屋」は、この地に店を構えて35年。八戸の郷土料理と寿司をリーズナブルに供し、観光客や地元客で連日賑わう人気店である。今、このお店のメニューとして注目を浴びているのが「船凍さば漬け丼」。この丼は、2013年1月12日から9日間、東京ドームで開催された「全国ご当地どんぶり選手権」において、30万人以上の来場者による投票の結果、並み居る強豪を退けて見事3位に入賞した。果たしてその旨さとはいかに?

馴染み客がくれたサバの帽子を被って気さくに応対してくれた沢上弘さん

 落ち着いた木目を基調とした店構え。暖簾をくぐると、サバをモチーフにした帽子を被るご主人、沢上弘さんがやさしい笑顔で迎えてくれた。帽子は馴染みの客から貰ったものだそうだ。好評を博した「船凍さば漬け丼」の生みの親である。

「先ずは食べてみてください」

<次のページ> 先ずはそのままで、シメは出汁をかけて

2013.02.18(月)

photographs:Emiko Fukuda

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ