芹澤和美の香港・マカオ 時の流れを超える旅

芹澤和美の香港・マカオ 時の流れを超える旅

コロニアル調からラグジュアリーまで
マカオはホテルが豊富!

 今、マカオでもっとも注目されるトピックといえば、名だたる5つ星ホテルのオープンラッシュだろう。それらホテルの多くは、コタイ地区と呼ばれる開発区に生まれている。かつて観光客が訪れる機会などなかった埋立地は、わずか数年の間に、アジア最大のリゾートエリアへと変化した。

 2007年、コタイ地区に先陣を切ってオープンしたのが、「ザ・ヴェネチアン・マカオ・リゾートホテル」。オールスイートの客室(しかも3000室!)、併設する巨大カジノや、350以上のショップを擁するショッピングモールは、日本でも大きな話題となった。実際に泊まってみると、宿泊したゲストルームからフロントまで、なんと歩いて15分。オープン当初はハウスキーピングも館内で迷子になっていたというから、そのスケールの大きさがうかがえる。

ラスベガスから進出した「ザ・ヴェネチアン・マカオ・リゾートホテル」。水路をゴンドラが行き交うショッピングモールは、観光地にもなっている。客室数は3000室、そのすべてがスイートと豪華仕様

「ザ・ヴェネチアン・マカオ・リゾートホテル」とアジア最大級のDFSを挟んで繋がるのは、「フォーシーズンズホテル・マカオ・コタイストリップ」。コロニアルイエローの外観とリゾートの雰囲気を醸し出すプールは、まさに都会の中のオアシスを感じさせる。コタイ地区にステイしていなくても、ぜひ足を延ばしてみたいのが、「ウィンドウズ・レストラン」のアフタヌーンティー。中華点心とヨーロピアンスイーツが盛りだくさんの贅沢なティータイムは、マカオならではの楽しみだ。

左:日本のテレビCMの背景にも使われたエレガントなロビーラウンジ
右:ウィンドウズ・レストランのアフタヌーンティー(14:30~17:30)は、ボリュームがあるので遅いランチ代わりにも

 大型カジノリゾートの「シティーオブドリームス」が擁するのは、ラグジュアリーホテルの最高峰、「グランド ハイアット マカオ」、優雅で落ち着いた雰囲気の「クラウンタワーズ・マカオ」、カジュアルでポップな「ハードロックホテル・マカオ」の3ホテル。リゾート内には20のレストランとバーがあるが、選択に迷ったのなら、ぜひ「グランド ハイアット マカオ」のシグネチャー・ダイニング、「ベイジン・キッチン」へ。“ショー・キッチン”を掲げるこのレストランは、薪で鴨を焼き上げる厨房や飲茶専用の厨房など、キッチンが4つのスペースに分かれていて、食事だけでなく、空間も楽しめるようになっている。ディナーに軽めのコースが用意されているので、フライトで疲れている日や、遅い時間に到着した日にもおすすめだ。

左:3つのホテルが集結する「シティーオブドリームス」。ここだけ切り取ると、まるで近未来を見ているかのよう
右:「グランド ハイアット北京」のレストラン、「メイド・イン・チャイナ」をマカオ流にアレンジした「ベイジン・キッチン」

「ギャラクシー・マカオ」は、2011年にオープンしたリゾートエリア。マカオ唯一の日系ホテル「ホテルオークラマカオ」、コテージヴィラを持つ「バンヤンツリー・マカオ」、香港資本の「ギャラクシー・ホテル」が並ぶ。なかでも、全客室にリラクゼーションプールを備えた「バンヤンツリー・マカオ」は、リゾート派にもおすすめしたいホテル。もちろん、バンヤンツリー・スパも併設されている。

 コタイ地区で一番新しいリゾートエリアが、2012年4月にオープンした「サンズ・コタイセントラル」だ。マカオ初進出のラグジュアリーホテル「コンラッド・マカオ・コタイセントラル」、「シェラトン・マカオ・コタイセントラル」のほか、コタイ地区で唯一のリーズナブルなホテル「ホリデイイン・マカオ・コタイセントラル」が名を連ねる。

 今ではアジア最大級のリゾートとなったコタイ地区も、10年前までは、何もない埋立地。干潟でムツゴロウを採る麦わら帽子姿のおじさんがいるような、のどかな田舎だった。かつてないほどの大変貌を遂げたコタイ地区は今、“もうひとつのマカオ”の顔を見せている。

コタイ地区で建設ラッシュが始まった頃。タイパ島から眺めると、のどかな風景の中で着々と建設工事が進むヴェネチアンが見えた

» 各ホテルの詳細データは3ページ目に掲載しています。

<次のページ> ポルトガル風情を楽しむスモール・ホテル

2012.12.13(木)

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ