全室レイクビューのスイート仕様
贅を極めた日本旅館

深く限りなく透明な水をたたえる支笏湖は、最大水深363m。“支笏湖ブルー”と称されるほど美しく、神秘に満ちた湖だ。そんな支笏湖がどの客室からも望むことができる。

 札幌から車で約1時間、北の玄関口である新千歳空港から約40分。日本屈指の水質を誇る神秘の湖、支笏湖(支笏洞爺国立公園内)のほとりに、2019年5月「しこつ湖 鶴雅別荘 碧の座(あおのざ))」がオープンした。

 全25室の客室は、全室100平米超のスイートルームという贅沢な造り。

 各部屋に完備された広々としたプライベートスパ(温泉露天風呂&ジェットバスの内湯) からは、“支笏湖ブルー”はもちろんのこと、湖畔の風不死岳(ふっぷしだけ)、恵庭岳、樽前山などの雄大な景観を眺めることができる。

 さらに別棟には、別荘感覚で利用できる、プライバシーを重視したエグゼクティブヴィラ4室も。

こだわり抜いた料理の数々は、目にも舌にもおいしい。館内の料理屋「水白(みずしろ)」の個室でいただく。

 料理には、季節の地の食材を丁寧に吟味。

 丹精込めて調理されるひと品ひと品が、目にも美しい懐石料理となって振る舞われる。そのテーマは、北国の食の歳時記をあますところなく、独創的に表現すること。

 北海道に根付く、素材の旨みや奥深い魅力を引き出し、ゲストを新たな食の世界へと誘ってくれる。

ロビーエリアの8メートルもの積層壁は、縄文文化からアイヌ文化、そして現代へとつながる地層の時の流れを表現したもの。館内の随所に施されたデザインは、北の大地に縄文から受け継がれてきた物語に、現代の息吹を芽生えさせることをテーマに造られている。

 贅なる客室や料理のほか、この宿で注目すべきは、旅の思い出に“日本の心”や“北海道の文化”を感じられる施設、あるいは体験ができることにもある。

 1階に設えられた「カルチャーラウンジ」では、本格的な藍染め体験ができる。藍は、最古の染料であり、その色は日本を象徴する色“ジャパンブルー”とも呼ばれている。

 また、伝統的なアイヌ民族衣装や、和装着物の着付けなどの体験も可能だ。

「トリートメント 玉青」のシグネチャーメニューは、リズミカルでスローなストロークで心身の緊張をほぐすオリエンタルトリートメント。フェイシャルコース、メンズコースなどもあり。

 ゆったりとした滞在に欠かせない、スパも魅力的だ。スパサロン「トリートメント 玉青」では、お茶文化からインスピレーションを受けて誕生したトリートメントメニューを用意している。

 お茶エキスがもたらす癒しにより、身体だけではなく精神面の美にも着目。経験豊かなセラピストが、癒しのひとときを約束してくれる。

ラウンジバー「青藍(せいらん)」。奥に見えるのは、土器や土偶をイメージした暖炉を配した「ラウンジ青陽」。

 この「しこつ湖 鶴雅別荘 碧の座」を運営するのは、道東、サロマ・オホーツク、道央、函館・大沼に、13の温泉旅館とビュッフェレストランを展開する鶴雅リゾートだ。

 いずれも国立・国定公園内の豊かな自然を背景に、それぞれの“地の物語”を届けている。北海道を旅する際は、鶴雅リゾートの他施設も合わせてチェックしたい。

しこつ湖 鶴雅別荘 碧の座

所在地 北海道千歳市支笏湖温泉
予約専用ダイヤル 0123-25-6006(9:00~20:00)
https://www.aonoza.com/

Column

至福のホテル最新ニュース

ラグジュアリーなリゾート、洗練されたシティホテル、和みの温泉旅館……。
世界の津々浦々から、とっておきの最新情報をお届けします!

文=立花奈緒(ブレーンシップ)