木のぬくもりを感じさせる
車内空間が心地よい

●丹後あかまつ号

「丹後あかまつ号」は1日に4便運行される。

 一両編成の可愛らしいローカル鉄道・京都丹後鉄道に、2013年に登場した観光列車。

昔ながらの列車をリノベーションしているため、運転席はノスタルジックな雰囲気。

 天橋立から宮津経由で西舞鶴を結ぶ「丹後あかまつ号」はデザイナーの水戸岡鋭治さんが松をテーマにデザイン。

窓の外を眺めるカウンターやソファなど、思い思いの席で過ごすことができる車内。

 木の温もりを感じさせる空間にて、カフェづかいを楽しめる列車になっている。

ゆっくり眺められるよう、由良川橋梁の上は減速して走る心くばりも。

 海の上の一本橋を渡る由良川橋梁など、車窓からの景色がなによりの醍醐味。

ピルスナーとマイスターがある“丹後王国 地ビール”は各 500円。

 ほかにも、車内でフルコースを楽しめる「丹後くろまつ号」や、予約なしで乗れる「丹後あおまつ号」など2つの観光列車が旅を演出してくれる。

丹後あかまつ号(たんごあかまつごう)

電話番号 0772-25-2323(京都丹後鉄道)
※運賃のほか乗車整理券(540円)が必要
https://trains.willer.co.jp/matsu/akamatsu.html

Feature

海の恵みを享受する
京都・丹後への旅

Photo=Koichi Higashiya
Text=Mako Yamato

この記事の掲載号

あらためて京都

CREA Traveller 2019年春号

今になって知る。 素敵な仕掛け
あらためて京都

定価1,110円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2019年春号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。