穀物や野菜を中心とした食事法、マクロビオティック。この連載では旬の食材を使った簡単マクロビレシピを紹介します。オールベジとは思えないしっかりしたおいしさと食べごたえは、週末のブランチや友人の集まるパーティレシピにもぴったり。ストイックになりすぎない「ゆるマクロビ」をはじめましょう。


◆「かぶとネギ」のマクロビレシピ

かぶとネギのクリームシチュー

 今回は煮込むととろっと美味しいかぶと甘みが増すネギを使って、小さなお子様からご年配の方にまで喜ばれるクリームシチューのレシピをご紹介します。

 まずはバターと牛乳を使わない基本のホワイトソースのレシピを学んでいきましょう。

 小麦粉を米粉に変えたり、オイルの種類やベースのミルクを変えることでいろいろな味わいを楽しめますが、今回はその中でもオーソドックスな組み合わせ、癖のない太白ごま油と豆乳を使ってホワイトソースを作ります。

 お好みでバリエーションを楽しんでみてくださいね。

 かぶはマクロビ的に苦味に分類される食材で、心臓や小腸を労ると考えられています。

 心臓にトラブルがあると、例えば赤い吹き出物ができるとか、手足の先が赤くなり冷えるなど、赤い色で不調が出ると言われていますので、そんな症状が気になる方はぜひかぶ料理をお試しください。

 また葉の部分にはビタミン類やカルシウムなどのミネラルも豊富なので、併せて食べると良いでしょう。

2019.02.11(月)
文=中村恭子
撮影=秋元良平

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!