毎年大好評のCREA「ひとり宿」特集が、2019年も発売になりました。その中から、特に注目したいこの1年間にオープンした施設についてレポートしたページを特別に転載。誌面には掲載できなかった情報も加え、たっぷりご紹介します。


●ふふ 河口湖
[山梨・河口湖]

まるで森の中にいるような
リラックス空間に癒される

 東京からバスに揺られ約2時間。河口湖のほとり、森の中に「ふふ 河口湖」はある。

 ナチュラルなトーンで統一されたソファやテーブル、たくさんの植物など、森を思わせるデザインがこの宿の大きな魅力。

 宿が建つ土地に生えていた木はベンチやカウンターに、石は外観を囲む石積みやキャンドルホルダーに。姿を変えた森の命と、今も繁る植物が一体となり、自然とシームレスにつながった心地よい空間を形づくっている。

 自然との境界を感じないのは客室も同じ。広々とした部屋に一歩足を踏み入れると、富士山と河口湖がすぐ目の前に広がっていて、景色を存分に楽しみつつ、ゆったり安らぎたいという贅沢な望みを叶えてくれる。

 2018年秋にオープンしたばかりにもかかわらず、すでにリピーターが多いのも、他の宿では味わえない自然との一体感に魅了される人が多いからだろう。

2019.01.31(木)
撮影=嶋﨑征弘

CREA 2019年2・3月合併号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

ひとり温泉、ひとり宿。

CREA 2019年2・3月合併号

ほっとする旅館から最新のホテルまで
ひとり温泉、ひとり宿。

特別定価800円

好評の「ひとり温泉」特集。調べてみると、ひとりに優しい宿が、驚くほどたくさんありました。注目ホテルのオープンが続く今年は、宿に詳しい50人以上の方に、おすすめの温泉やホテルを伺い編集部が徹底取材へ! 新しい魅力と発見がいっぱいでした。