時を重ねることで生まれる優雅な雰囲気と建物からしつらえに至るまで、数々のストーリーに彩られたクラシックホテル。極上の眠りのあとの贅沢な朝食も楽しみのひとつ。

 おすすめのホテルを、「世界のベストレストラン50」日本評議委員長の中村孝則さんに教えてもらいました。


昭和初期の城郭風建築と
庭園の景観も美しい

●蒲郡クラシックホテル

since:1934
architect:久野節、村瀬国之助
number of rooms:27

 昭和初期に建てられた城郭風建築と、その前に広がる庭園の景観は、つい足を止めて見惚れてしまう美しさ。

 アール・デコ様式のクラシカルな内装が施された館内には、三河湾を一望する絶景が楽しめるレストランやバーが用意されており、至るところで優雅なリゾートの空気に浸ることができる。

 洋朝食の花形メニューは、地元の「さくらたまご」を使用したオムレツ。

 オーダーごとに焼かれるオムレツは、ふんわり、とろりとした口当たりがたまらない。

蒲郡クラシックホテル

所在地 愛知県蒲郡市竹島町15-1
電話番号 0533-68-1111
宿泊料金
◆1室1名利用時の1名最低料金 (平日) 22,500円~、(休前日) 25,500円~
◆1室2名利用時の1名最低料金 (平日) 18,500円~、(休前日) 21,500円~
ひとり料金 1泊2食付き 22,500円~(税込)
ひとり対応 通年可
客室数 27室
食事 朝:食事処/夕:食事処
チェックイン 15:00/チェックアウト 12:00
交通 JR・名鉄蒲郡駅より車で約5分
http://www.classic-hotel.jp/

●紹介してくれたのは……
中村孝則(なかむら たかのり)さん

コラムニスト、美食評論家。ラグジュアリー・ライフ関連の執筆活動やテレビ番組で活躍。「世界のベストレストラン50」日本評議委員長。

2019.01.19(土)
Text=Megumi Komatsu

CREA 2019年2・3月合併号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

ひとり温泉、ひとり宿。

CREA 2019年2・3月合併号

ほっとする旅館から最新のホテルまで
ひとり温泉、ひとり宿。

特別定価800円

好評の「ひとり温泉」特集。調べてみると、ひとりに優しい宿が、驚くほどたくさんありました。注目ホテルのオープンが続く今年は、宿に詳しい50人以上の方に、おすすめの温泉やホテルを伺い編集部が徹底取材へ! 新しい魅力と発見がいっぱいでした。