天然成分からなる豊富な栄養素を持つハチミツは、体調を崩しやすい季節の強い味方。でも、何をどうやって選ぶべき?

 そんなビギナーの人にむけて専門店直伝のハチミツの選び方と活用法、さらにはローフードマイスターが教えてくれた簡単でおいしいレシピまで、「しあわせ&おいしいハチミツ生活」を過ごすためのヒントを、4回にわたってお届けします。


◆第3回
華やかなシーンに
ハチミツが大活躍!

 ローフードマイスターの都田恵理子さんが、生(ロー)ハチミツを使ったレシピを考案。パーティレシピ、デイリーレシピの2回に分けて紹介します。

 レシピは、「塗る」「かける」「混ぜる」だけと、とっても簡単! なのにおしゃれ、そしてヘルシーと3拍子揃った実力派です。

 さらに、ハチミツはレシピごとに異なるものを使用しています。産地や栄養価など、ハチミツごとの特徴も紹介しているから、ミニハチミツガイドとしても役立てて。

ローフードマイスターが直伝
ハレの日のパーティレシピ

 ハチミツを使ったパーティレシピは、ホストにもゲストにもメリットがあると説く都田さん。

「冬から春にかけての季節の変わり目は、つい体調を崩しがち。自律神経を整え腸内環境を健やかに保ってくれるといわれるハチミツを使ったヘルシーな料理で、ゲストをいたわりましょう。また、ローフードをベースとしたレシピは火を使わず、短い時間で調理できるので、もてなす側の負担も減りますよ」

 急な集まりでもササッとつくれて栄養満点。技ありレシピを今すぐマスターしよう。

塗っておいしい!
「パプリカの
カラフルベジディップ」

 「パンやスティック野菜のお供として大活躍! テーブルを華やかに彩るパプリカとハチミツを使ったディップは、私のパーティレシピの定番です」という都田さん。

 パプリカの持つ苦みと甘みにハチミツのコクが加わることで絶妙な味のバランスが生まれ、大人の味わいに仕上がるのだとか。

 おすすめは、スライスしたバゲットに塗って仕上げにオリーブオイルをたらしたシンプルなカナッペスタイルだそう。

 さらに、「パプリカにはビタミンA・C・Eなど美容によい栄養素が含まれます。女性にうれしいレシピですね」とも。

 華やかな見た目はパーティシーンにぴったり。

使ったハチミツ
「magica(マヒカ)ハニー」

700g 5,700円(税抜)
http://www.magicahoney.com/

 使ったのは、オーガニックフードブランド「magica(マヒカ)」の非加熱ハチミツ。都田さんの“ストックハチミツ”のうちのひとつだ。「ほのかな花の香りとクセのないおいしさは、合わせる食材の味をそこないません。どんな料理でも使える“万能選手”なうえ、抗菌性にも優れています。開封したては、ホイップクリームのような上澄みの白い部分をそのままスプーンですくって食べて、残りを料理に使うことが多いですね」

「パプリカの
カラフルベジディップ」のレシピ

■材料(つくりやすい分量)

・magica(マヒカ)ハニー:大さじ1
・パプリカ(黄もしくは赤):1個

■つくり方

(1) パプリカは、ヘタと種を取り除き、適当な大きさに切る。
(2) magica(マヒカ)ハニーと、(1)をブレンダーに入れ、粗ペースト状になるまで攪拌する。
※一般的なミキサーやジューサーだと上手く攪拌できない場合があるので、ブレンダーもしくはハンドブレンダーを使用するのがおすすめ。

2019.01.20(日)
取材・文=吉村セイラ
レシピ制作=都田恵理子
撮影=佐藤 亘

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!