◆神宮前 らかん・果
[外苑前]

ゆるやかな糖質制限にもつながる
この味わいを体験しないと!

 今まで病院に縁のない、健康ひとすじの私がなかなかの病を経験した。

 そんな最中にみつけたのが、2018年11月30日にオープンした「神宮前 らかん・果」。和食にも関わらず、調理に砂糖を使っていないのだという。

 店が立つのは外苑西通り沿い。キラー通りといったほうがわかるだろうか。原宿幼稚園の交差点で、かつて増田屋という蕎麦店があった場所だ。

 お邪魔したのはランチタイム。「心を満たし、免疫力を高め、健康を保つ」をコンセプトに、薬膳の理想、基礎である陰陽五行の考え方をもとに作られたメニューを提供している。

 窓辺のカウンター席で、キラー通りを見下ろしながら楽しむとしよう。

 ランチは、14時まで提供。おばんざい(1,200円)をお願いする。ごはんは、白米、十五穀米、へるしごはん(低糖質米)からチョイス可能ということで、十五穀米に。

 まずは見た目の美しさに頬がほころぶ。このところ色気のない病院食三昧だったので、それだけでありがたいのだ。

 おばんざいは、4種。ほうれん草と大麦の檸檬胡麻和え、漬けサーモンの炙り 春菊と胡麻赤味噌だれ、牛肉とごぼうのしぐれ煮 金時さつまいものペースト添え、やっこ豆腐 きざみ蓮根新生姜のせ。

 どれも手の込んだものばかり。さらに、だし巻き玉子焼き、味噌汁、漬物が付く。

 なかでもだし巻玉子焼きは甘さもしっかりありつつ優しい味わい。思わずスタッフに「これ、本当に砂糖不使用なの?」と聞いてしまったくらい。

 おーい、病院食も頑張って! 砂糖使わなくても、こんなにおいしいものができるんだって!

 ほかに、メインを魚か肉かを選ぶ「三位一体」という名のセットメニューも。

 魚との組み合わせは1,200円、肉だと1,500円。肉は牛ハラミ焼き 塩檸檬の玉ねぎだれかぁ。こちらもよさそうだ。

 どんぶり(1,200円)も肉、魚の用意がある。この日の魚はサーモン漬け炙り。

 1階では、しゃけ海苔弁当やいなり寿司など、テイクアウトの弁当も販売している。自分用はもちろん、差し入れにも喜ばれそう。海苔弁はトレンドだしね!

 再びスタッフをつかまえて問い詰める、「いったいどんな甘味料を使っているの!?」

「店名にもあります、羅漢果(らかんか)を使った植物由来の甘味料、ラカントです」

 ラカント? それはいったい……!?

2019.01.03(木)
文=Keiko Spice
写真提供=神宮前 らかん・果

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!