街並みも、行き交う人も、街角のストリート作品に至るまで、パリはアートに溢れている。アーティストの生きた時間を彷彿させる個性的な美術館が毎年誕生する国、フランス。その空間に身を置くことで創作のパワーを感じさせる美術館を目当てに、旅に出よう。


没後半世紀を経て
公開されたアトリエ

●L'Institut Giacometti
(ジャコメッティ協会)

ジャコメッティが使い続けた極小のアトリエ空間。中央は死の間際に手がけていた粘土製の坐像。

 人通りの少ないモンパルナスの小径に、控えめだが瀟洒なアールデコの装飾が際立つ一軒家がある。それが2018年6月に開館した「ジャコメッティ協会」と知らせるものは、小さなブルーの看板のみ。

ブロンズ製で知られる《犬》の石膏の試作も。

 彫刻家アルベルト・ジャコメッティが足繁く通ったモンパルナスのカフェへの道や街の空気の密やかさを今も守るかのようにひっそりと佇む。

ほとんどが初公開の約70の作品ほか、眼鏡や瓶、筆や絵の具、吸い殻の残る灰皿まで、作家の死後に封印された創作の現場が現代に蘇る。
モンパルナスの小径に佇む一軒家。

 ガラス製の重たい玄関扉を押し開くと、最初に目に飛び込んでくるのは作家のアトリエだ。

 透明度の高い特殊ガラスで囲まれた20平方メートル足らずの小空間には、古びた木製家具の間に所狭しと坐像や立像の試作が並び、漆喰の壁に描かれた多数のデッサンがアトリエ全体にみなぎる創作への意志と熱意を包み込んでいるかのようだ。

ガラスで囲まれ、保存されるアトリエ空間。

 没後半世紀を経て公開されたアトリエは未だ作家の息吹を宿し、つい先刻までジャコメッティがそこにいたかのようなエモーションを呼び起こさずにはおかない。

【秘蔵作品に静かに向き合う特別な時間】
極端に引き伸ばした線のような独自の身体表現を、石膏の小作品で観るからこそ、作家の手の動きが感じられるかのよう。財団所蔵の約350の彫刻から選び抜いた未発表作品。アルベルト・ジャコメッティ《ケージの中の小像》1950年制作。

Text=Chiyo Sagae
Photo=Asami Enomoto

この記事の掲載号

知られざる世界美術館の旅

CREA Traveller 2019年冬号


知られざる世界美術館の旅

定価1,110円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2019年冬号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。