乾燥対策の一番の近道は
化粧水を丁寧&多めに使うこと

 秋から冬にかけて、一気に肌の調子が悪くなる“肌落ち”。肌がかさつく、くすむ、ゴワつく、小ジワが増えるなど、小さなトラブルが重なるのが特徴です。

 この不調を抜け出すためには、何が何でも保湿、と前回も書きましたが、保湿と言えば、やはり欠かせないアイテム、それが化粧水。

 日本人女性の約9割が使っているという化粧水。だからこそ、実は正しく使えていなかったり、なおざりにしている人が多いようで……。化粧水をきちんと、適量、正しく使うことこそが、実は乾燥対策の一番の近道でもあると、私は考えます。

 たっぷりの水分で潤った肌は、ツヤや透明感、弾力が出るばかりでなく、次に使うアイテムの浸透がぐんとアップします。つまり、スキンケアの効果がより高まるので、肌状態がランクアップ。だからこそ、化粧水はとても大事なステップだといえるのです。

 機能性の高いローションを、いつもより丁寧に、多めに使うこと。これだけで、肌が喜ぶのを実感できるはず。

 そこで、おすすめアイテムをご紹介しましょう。


◆イヴ・サンローラン

「トップ シークレット ローション」

バックステージのメソッドを
体現したユニークな泡ローション

 イヴ・サンローランの「トップ シークレット」は、メイク映えする素肌のために開発されたスキンケアライン。この秋登場したのは、その形状のユニークさでも注目を浴びているローションです。

 ショーのバックステージは、とにかく時間との勝負。メイクアップやスキンケアにかける時間も、1分1秒を争うといいます。とはいえ、メイクの仕上がりを最高なものに導くためには、完璧な肌状態をつくる必要があるため、プロのメイクアップアーティストはさまざまな工夫をしているそう。

 その中のひとつが、パッティング。スキンケアをきちんと入れ込み、肌に残った熱を取り去るこのメソッドを体現したのが、「トップ シークレット ローション」です。

 プッシュすると、出てくるのはふわふわの泡。コットンに出してから、肌にやさしく押さえるようにのせれば、泡がソフトに弾けるのがわかります。この泡が弾けるときに、肌表面の余分な熱が冷まされ、ひんやりと感じます。

 また、ヒアルロン酸Naやグリセリンといった保湿成分により、長時間うるおいをキープし乾かない肌へ。さらに抗酸化力の高いモロッコ産の植物成分が肌疲れやくすみもリセットしてくれます。

 後肌は、表面がつるんとして、ファンデーションが極薄づきに、均一に仕上がります。メイク映えを叶えるこのローションで、“映える肌”づくりを、ぜひ。

●トップ シークレット ローション
150mL 6,500円
https://www.yslb.jp/?p_id=Y10109

イヴ・サンローラン・ボーテ

電話番号 03-6911-8563
https://www.yslb.jp/

2018.12.06(木)
文=増本紀子(alto)

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!