台北中心部からMRTで15分
物価は2~3割も安い!?

ホテルの窓から見下ろす板橋の街並み。開発途上で、背の高いビルと低い昔ながらの建物が混在している。

 台北西部に位置する板橋は、台北の中心地である「台北車站」から、MRT板南線で5駅、約15分のところにある。

 台湾新幹線や台鉄の板橋駅も連絡しており、大きなターミナル駅としての役割も担っているので宿泊施設も多い。また現在開業準備中のホテルもある。

 また、少し歩けば夜市などもたくさんある。観光用ではなく地元民が足を運ぶタイプの夜市だ。

 板橋区は、現在建築途中の高層ビルが目立ち、発展著しい街という印象だ。

 中心からちょっと離れることの利点は、体感でだが、宿泊費で1~2割、飲食費で2~3割程度も物価が安くなること。また、極端な人ごみから遠ざかることでもある。

 台湾に旅慣れた人たちは、すでにこうしたちょい郊外のホテルステイをあえて選んでいる。

2018.11.25(日)
文・撮影=CREA WEB編集室