茶葉は京都の宇治茶葉
お肉は京都牛もも肉を使用

 京都の懐石料理店、先斗町 ふじ田が斬新なローストビーフを発売する。

 先斗町 ふじ田が手掛けたのは、「碾茶(てんちゃ)」と呼ばれる高級茶葉をふんだんにまぶした、茶葉と食する新しいローストビーフだ。碾茶は京都の宇治茶葉、お肉はしっかりとした旨味を持つ京都牛もも肉を使用。目でも舌でも茶葉を楽しめる一品に仕上がっている。

 「茶えん」の販売は11月初旬から。先斗町 ふじ田の通販サイトより購入できる。素材にも発想にも、「京都ならでは」が生きる新しい茶葉の食べ方。ぜひ一度体験してみては?

先斗町 ふじ田

所在地 京都府京都市中京区材木町179-2 先斗町通, 三条下る
アクセス 京阪本線三条駅6番出口から西へ徒歩5分(歌舞練場前)
営業時間 【昼席】11:30~14:00、【夜席】17:00~22:00(フードL.O. 21:00)
定休日 月曜、火・水曜のランチ
電話番号 075-255-0500
http://www.pontocho-fujita.jp/

【商品情報】

商品名 茶えん
内容量 150g×1個
価格 6,880円(税込)
消費期限 冷凍で180日
販売日 11月初旬
販売場所 先斗町 ふじ田 通販サイト
https://pontochofujita.shop-pro.jp/

2018.11.05(月)
文=木間のどか

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!