冬こそ食べたいのが鍋や火の温もりを感じる囲炉裏料理。とはいえ「ひとりで」という宿は少ないものの、探してみたらジビエやオイルフォンデュ、囲炉裏で焼いた川魚など、地元の逸品をひとりでも気兼ねなく楽しめる宿を発見!

» 第2回 [長野]美しきオイルフォンデュ
» 第3回 [愛媛]旨み濃厚な“いのぶた鍋”
» 第4回 [石川]マイ囲炉裏で暖まる

京都の「山の幸」をコトコトお鍋で

[京都/大原温泉]
◆京都 味噌と大原温泉 民宿 大原の里

「塩生山椒しゃぶしゃぶ」のプランは1泊2食付き1名 14,400円~。

 100年以上も前から自家製している味噌を使った鍋や、京都の山椒でいただくしゃぶしゃぶなどの鍋料理が豊富。近所のお母さんたちが作るお惣菜もおいしく、素朴な「民宿」の楽しみ方ができそう。ひとり鍋にしみじみしつつ、自然豊かな京都に浸って。

●山椒しゃぶしゃぶ

 京都で採れた力強い山椒で作る調味料「塩生山椒」と脂身が甘い牛肉「京都肉」との相性が抜群。

●ぼたん鍋

「山椒ぼたん鍋」のプランは1泊2食付き1名 13,000円~。

 真紅で美しく、甘やかないのしし肉をぼたん鍋用に味噌を調合しただしで煮て、山椒の粉をたっぷりかける。

<おいしい時期と合うお酒>
■おいしい時期:12月~3月上旬
■合うお酒:冬を乗り越えるためにたらふく木の実を食べた猪は、厚く脂肪がのり、甘くてすっきりした旨味。やはり地元・京都のお酒、齊藤酒造「古都千年」や羽田酒造「京都白山初日の出大吟醸」を合わせて温まりたい。

●味噌鍋

こちらが名物「味噌鍋」1泊2食付き1名 9,700円~。

 ブレンドした味噌のだしに、京都の地鶏や野菜をたっぷり入れて。おじやまでしみじみおいしい。

手入れが行き届いた庭も見どころのひとつ。

京都 味噌と大原温泉 民宿 大原の里
所在地 京都市左京区大原草生町41
電話番号 075-744-2917
チェックイン/アウト IN 15:30/OUT 10:00
1室料金 平日 9,700円~、休前日 10,200円~ ※1名利用、2名利用ともに
食事 朝 食事処/夕 食事処
客室数 26室
交通 JR京都駅よりバスで大原バス停下車後、送迎あり
http://www.oohara-no-sato.co.jp/
●料金はいずれも1泊2食付(税・サ別)、カード利用可(VISA・MASTER・JCB・AMEX・DINERS)

2018.01.15(月)
文=北條芽以

CREA 2018年2・3月合併号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

楽しいひとり温泉。

CREA 2018年2・3月合併号

ひとりに優しい宿こそ、いい宿でした
楽しいひとり温泉。

定価780円

2017年2月号で大好評だった「ひとり温泉」特集が戻ってきました。あるスタッフはこの1年、ほかの旅取材をしていても「この近くに、ひとり温泉にいい宿はないだろうか?」とアンテナを張り巡らせていたそう。そんな日々の努力が実って、今年も、ほぼ新規の宿ばかり100軒以上ピックアップ。今年も保存版ができてしまった予感。

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!