生き生きとした肌にハリは不可欠。今からハリ感を高めておくべき理由を知り、この秋豊富なハリに特化したアイテムの選び方をチェックしましょう。


◆Firmingハリケアコスメ4

 ハリが失われやすい目もとと、印象を大きく左右する口もとには、専用のケアが必要。さらにとっておきの日の前にはマスクが効果的だ。

 「即効でハリをアップさせたいときはマスクがおすすめです。肌の表面と奥に同時にアプローチできるので、効果が実感できるはず」とトータルビューティアドバイザーの水井真理子さん。

進化したリップケアで
しぼんだ唇もぷるぷるに

1. リプラスティR.C. リップ ソーク 6.5mL 8,200円/ヘレナ ルビンスタイン
2. B.A リップ バーセラム 3.6g 6,800円/ポーラ

1.  HELENA RUBINSTEIN/リプラスティR.C. リップ ソーク
エイジングケア成分のフィトスフィンゴシン誘導体が、ふっくらとしたハリを与えるとともに、7種の植物オイルが皮脂膜の代わりとなって唇のバリア機能をサポート。

2.  POLA/B.A リップ バーセラム
加齢によって、唇の線維芽細胞が生み出すヒアルロン酸の量が減少することに加え、唇の血管構造が壊れて栄養が行き渡らなくなることに着目して誕生。美容成分を贅沢に配合した、本格的なリップエイジングケア。

「リップケアは意識している人がまだ少ないと思いますが、唇がぷるんとしていることはとても重要。それだけで女性らしく見えるので、きちんとケアしてほしいですね」(水井さん)

ヘレナ ルビンスタイン

電話番号 03-6911-8287
https://www.helenarubinstein.jp/

ポーラ

フリーダイヤル 0120-117111
https://www.pola.co.jp/

水井真理子(みずい まりこ)さん

トータルビューティアドバイザー。スキンケアのテクニックや化粧品選びはもちろん、食事や運動など、広範な美容知識を持つ。女性誌等で行う、相手の立場に立った親身で分かりやすいアドバイスが人気。

2018.11.06(火)
Text=Miyuki Nagata
Photographs=Kenichi Yoshida

CREA 2018年10月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

きれいな肌になる名品。

CREA 2018年10月号

肌がいいと、気分も上がる
きれいな肌になる名品。

定価780円

タイムレスでエイジレスな言われてうれしい褒め言葉、「肌がきれい」。美容のプロたちが本気で選んだ「ベスト・オブ・リピートコスメ2018」、新作アイテムでつくる「肌がきれいになるメイク」、そして「仕草も美しくなる贈りもの」などなど。肌も心もご機嫌になるアイテム満載の1冊です。

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!