スタイリングが決まらない、キレイな色ツヤが出ない……秋になってからそんな悩みがとくに気になるとしたら、原因はきっと今年の厳しかった夏の影響。

 髪が傷みやすくなるのは単に紫外線でダメージを受けただけではなく、体が弱った内臓へ優先してエネルギーや栄養を届けようとした結果、頭皮への血流が不足。今、じわじわとそのダメージの影響が表れているというのも理由のひとつのようだ。つまり、髪がヘルプを求めている今こそきちんとケアをして、リペアに努めるべき。

 「今の自分を輝かせるヘアスタイルを見つけたいと思ったときも、まず健康でダメージレスな髪の状態にすることが大切」とスタイリストの寺岡幸紘さんもケアの重要性を力説する。

「サロンでトリートメントをしていても、毎日のケアが十分でないと髪のツヤやコシが失われ、スタイルも決まらなくなってしまいます。体調がよくないと、十分なパフォーマンスが期待できないのと同じですね。髪質をつねに健康に保つことが、美しいスタイリングの重要なポイントです」

 ダメージのない髪をさらにつややかに見せる寺岡さんおすすめの髪型は、ゆるやかなウェーブが軽やかに弾む、ナチュラルながらはっと目を惹くスタイル。深刻なダメージをも素早くケアし、ヘルシーな髪の基礎を作るために寺岡さんが最大の信頼を寄せるのが、アヴェダのダメージレメディー シリーズ。

 スーパーフードとしても知られる古代インカの穀物キノアをたっぷりと配合。キノアは、髪ととてもよく似たタンパク質を持っているため、即効性を感じることができるという。

寺岡幸紘さん

GINZA PEEK-A-BOO AVEDA GINZA SIX トップスタイリスト。歴13年。肩の力が抜けたふんわりナチュラルな雰囲気の中に、どこかピリッとスパイスの効いたスタイルを得意とする。髪質や印象、服装や全体バランスからその人を美しく見せる髪型を見抜き、家でも再現しやすいヘアスタイルを提案してくれると評判が高い。

2018.11.07(水)
取材・文=嵯峨崎文香
撮影=釜谷洋史
モデル=梅田瑞希
メイク=木下美咲

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!