髪にクセやうねりが出て、うまくスタイリングが決まらない……そんなお悩みを持つ方も多いのでは? 実はそれ、髪や頭皮のエイジングが原因かも。髪や頭皮は20代のうちからエイジングが始まり、30代女性の5人に1人は、ボリュームがなくなったなど、髪の悩みを感じているというデータがあります。もちろん生まれつき猫っ毛の人も、ハリやコシが不足して髪がまとまりにくいというお悩みは共通。それを解消するために髪を健康的に育てることの重要性を説くのが、ヘアアーティストのホンダマサさん。

「スムーズなスタイリングのために、まず見直したいのがベースづくりです。パーマやカラーを繰り返すと頭皮は傷みがちに。頭皮の血流が滞って酸素と栄養が不足すると、そこから生えてくる髪も弱くなってしまいます。頭皮の状態を良くするためにも、30代に入ったらぜひ頭皮ケアを意識して。サロンで定期的にヘッドスパなどプロフェッショナルのケアを受けたり、毎日のお手入れにエイジングケア(※1)をプラスすることで、髪のコンディションが良くなったり、健康的なボリュームが出るようになるはずです」(ホンダさん)

 ホンダさんおすすめのヘアスタイルは、髪をふっくら豊かに見せるバウンシーなカール。ベースづくりをきちんと行うことで、髪が根元からしっかり立ち上がってふんわりとしたボリューム感と健康的なツヤが生まれ、スタイリングがしやすくなります。そんな理想的な髪質に近づけるためにホンダさんが使用しているのが、古代インドの智慧と先進の植物科学の融合で誕生したアヴェダのインヴァティ アドバンス シリーズ。

「このシリーズに含まれるインドで採れたオーガニックのアムラ(アンマロク果実エキス)には、髪をコーティングしてハリとコシを与える働きがあります。シャンプー、コンディショナーだけでも十分スタイリングしやすい髪になりますが、さらにヘア&スカルプ エッセンスを使うと効果的。このときパドル ブラシでブラッシングすると、成分が頭皮全体にまんべんなく行き渡ってマッサージ効果もあり、さらにいいですね」(ホンダさん)

 使い続けることで、トップのボリュームがない、ツヤがない、分け目が目立つのが気になるなどの長期的なお悩みにも対応するインヴァティ アドバンス シリーズですが、エッセンスはスタイリング的な使い方としてもかなり有能。すぐに髪の状態がふんわり豊かに変化するのを実感できるので、もはや手離せないというファンも多くなっています。

「健康的な髪のベース作りは、とてもクリエイティブなこと。スタイルを自由に発想しやすくなるので、今までとは違う髪型に挑戦するのも楽しくなるはずです。そう考えると、頭皮ケアや育毛はすでにファッションのひとつのツールですね。まだ早いと思わずに今からしっかりケアをして、いろいろなヘアスタイルに挑戦してほしいと思っています」(ホンダさん)

ホンダマサさん

HONDA PREMIER WORKS 代表取締役。1999年からパリ、ロンドン、ニューヨークでファッションや美容を学び、Vivienne Westwood、HERMESはじめ100本以上のコレクションのチームディレクターを担当。2011年にアヴェダのコンセプトサロン「HONDA AVEDA hair&spa」をオープン。現在は日本を拠点に、アヴェダのゲストアーティストとしてメゾンブランドのコレクションやファッション誌の広告を手掛ける他、世界中でヘアショーやセミナーを開催するなど幅広く活躍中。

2018.06.29(金)
取材・文=嵯峨崎文香
撮影=釜谷洋史
モデル=浅利桂果

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!