甲子園といえば、甲子園球場が有名ですが、兵庫県西宮市にある「園」のつく「西宮七園」のひとつで、交通にも環境にも恵まれた高級住宅街としても知られています。

 JR神戸線の甲子園口駅を南側に出て、西へ徒歩2分余り。赤いテントが目印の「スーリアン」は、2018年5月1日にオープンしたガラス張りの小さなお店。

 刺繍入りの可愛いエプロンをした店主・ちばえみこさんが笑顔で迎えてくれます。

 ちばさんはOLを辞め、28歳から神戸の人気店「ブランジェリー コム・シノワ」で働きます。

「ケーキ教室に行っていたんですが、毎日食べるパンに興味をもって、西川シェフのパン教室に行ったのがきっかけ。気がついたらパン屋さんで働いていた(笑)」

 当初は販売を担当。カフェでサンドイッチも作るようになり、西川さんのパンの本の撮影をヘルプしたり、パン作りにも携わるようになったと言います。

「オーナーシェフ・荘司さんには、ハーブのことや料理の面白さを教えてもらいました」

 10年勤めた後、このコラムでもご紹介した「弓削牧場」へ。牧場のカフェレストランでパンを焼いたり、調理をしながら、牧場の畑に触れること、4年。

「毎日、自然と向き合い、ハーブや土についてたくさん学びました」

 これまでの様々な経験を生かして、笑顔がいっぱいのお店をと、自店をオープンしたのでした。

2018.09.16(日)
文・撮影=そおだよおこ

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!