穀物や野菜を中心とした食事法、マクロビオティック。この連載では旬の食材を使った簡単マクロビレシピを紹介します。オールベジとは思えないしっかりしたおいしさと食べごたえは、週末のブランチや友人の集まるパーティレシピにもぴったり。ストイックになりすぎない「ゆるマクロビ」をはじめましょう。


◆「バジル」のマクロビレシピ

ジェノバソース(バジルソース)

 「バジル」は古代ギリシャでは「王様の薬草」と呼ばれ、ビタミン・ミネラルが豊富で、また独特の香り成分には鎮静、食欲増進、抗菌作用といった働きの他、集中力を高める効果もあると言われています。

 マクロビ的には体を冷やす陰性に分類されるので、塩や味噌など陽性の食材と組み合わせる、食材を陽性にするオーブン料理と組み合わせるなど、調味料や調理方法を工夫して取り入れると良いでしょう。

 またβカロテンが豊富なので、その抗酸化作用を取り入れるために油と一緒に摂ることも意識してみましょう。

 今回はそんなバジルを使ったイタリア料理の定番ジェノバソースを作ります。

 通常、ジェノバソースはバジルの葉と松の実、チーズ、ニンニク、オリーブオイルを使って作りますが、ベジ仕様のこのレシピではチーズの代わりに味噌と酒粕でコクを加えて仕上げます。和製ジェノバソースのおいしさをどうぞお試しください!

» 旬の食材/「バジル」の詳細

2018.07.31(火)
文=中村恭子
撮影=秋元良平

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!