最中の餡には、北海道産の小豆を使用しているのだとか。しっとりとした餡がサクサクの皮とよく合う。

 今日のおやつは、金沢を訪れたスタッフが買ってきた、老舗の和菓子屋「金沢 うら田」の定番菓子「加賀八幡 起上もなか」。「肱岡香子のSweetsな手みやげ」を読んで、そのかわいさに心をうたれ、金沢に行ったら絶対に買ってこようと誓っていたのだとか。

 きれいな朱色の箱を開けると、中には7体のお人形さんの形をした最中が身を寄せ合っていて、その姿がもうすでにかわいいのです。

 こちらの人形のモチーフとなっているのは、八幡大神(応神天皇)の深紅の錦に包まれた産着姿を、多幸と感謝の意を込めて起上人形にした「加賀八幡起上り」。厄除けや健康祈願など、子どもの成長を願う縁起物として親しまれている郷土人形なのだそう。

 包装紙を開けると、キュートな「加賀八幡起上り」の最中が姿を現します。外側の薄皮部分には、顔や松が描かれており、食べるのがもったいない愛くるしさ。

 中には品のいい甘さの小倉餡がぎゅうぎゅうに入っていて、絶品。「かわいい」「縁起物」「個包装」と、喜ばれるお土産の条件を十分に満たしているこちら、みなさまも金沢に足を運んだ際にはぜひ。

金沢 うら田

http://www.urata-k.co.jp/

 

Column

CREA編集部 今日のおやつ

撮影用やお土産、差し入れなどでいただくCREA編集部やCREA WEB編集室のおやつをご紹介します。今日もごちそうさまでした!

2018.07.15(日)
文・撮影=CREA WEB編集室

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!