「大納言餡」はむっちり分厚い求肥入り。
「栗餡」は栗のつぶつぶ感が栗きんとん的。

 週末に都内の実家に帰った編集部員が、ずっしりと重い最中をお土産に持ってきました。

 お父様が偏愛されているそうで、「地方の親戚に配りまくってて、親戚の間ではこれが東京で一番の銘菓だと思われてる」という代物。某書店や某スーパーと似た名前の「和菓子 紀の国屋」という、多摩地区中心に店舗を構える和菓子店の「相国最中」。

 大納言餡と栗餡の2種類があり、立方体と見まがう分厚さ。大納言はつぶ餡のなかにむっちり求肥入り、栗餡はこれ……なんかに似てる……そうだ、栗きんとんだ! おせち料理が最中に挟まってる! という食べ応えでした。2種類食べたらお昼ご飯不要な満腹感を得られました!

積み木のようにみっちり箱詰め。立派に重いです。

和菓子 紀の国屋
http://www.wagashi-kinokuniya.co.jp/

Column

CREA編集部 今日のおやつ

撮影用やお土産、差し入れなどでいただくCREA編集部やCREA WEB編集室のおやつをご紹介します。今日もごちそうさまでした!

2018.05.21(月)
文・撮影=CREA WEB編集室

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!