「星野リゾート 界」は、その土地の魅力や文化に触れることのできるサービスが特徴の温泉旅館ブランドで、四季折々の旬の食材を味わえるのも大きな楽しみのひとつだ。

 そこで今回は、この夏「界」が2018年7月14日(土)~8月31日(金)の期間限定で提供する、そこでしか食べられない“ご当地かき氷”をご紹介!

●星野リゾート 界 津軽
“りんごのかき氷”

■提供時間/15:30~19:00 ■提供場所/ロビー ■料金/無料(宿泊ゲスト限定) ■予約/不要

 「界 津軽」では世界遺産の白神山地の伏流水を使用した、まるで津軽の新雪のようなふわふわ食感が楽しめる氷“綿雪(わたゆき)”を開発。青森県が生産量日本一を誇るりんごのソースと合わせ、津軽ならではのかき氷でおもてなし。伝統工芸品の津軽びいどろの涼し気な器で供されるかき氷は、見た目も涼やか。

星野リゾート 界 津軽
所在地 青森県南津軽郡大鰐町大鰐字上牡丹森36-1
電話番号 0570-073-011(界予約センター)
https://kai-ryokan.jp/tsugaru/

●星野リゾート 界 伊東
“花の香り漂うかき氷”

■提供時間/15:30~17:00 ■提供場所/界伊東の湯回廊 ■料金/無料(宿泊ゲスト限定) ■予約/不要

 温暖な気候で、年間を通して四季折々の花々を楽しめる伊豆の「界 伊東」の新メニューは、エルダーフラワーと伊豆で採れるハーブをブレンドしたかき氷。ふわふわの氷を口に入れた瞬間、花の蜜の上品な香りと甘さがぱっと花咲き、その後ハッカやミントなどのハーブの爽やかな風味が口いっぱいに広がる。暑い夏にさっぱりと食べられる一品。

星野リゾート 界 伊東
所在地 静岡県伊東市岡広町2-21
電話番号 0570-073-011(界予約センター)
https://kai-ryokan.jp/ito/

●星野リゾート 界 アンジン
“紅茶のかき氷”

■提供時間/15:30~17:30 ■提供場所/サンブエナデッキ ■料金/無料(宿泊ゲスト限定) ■予約/不要

 マリンアンティークな空間で船旅気分を楽しむ温泉宿「界 アンジン」が提供するのは、宿名の由来となったイギリス人航海士・三浦按針(みうらあんじん)にちなみ、イギリスで古くから親しまれている紅茶をベースにした、特製のシロップが特徴のかき氷。

 ミルクティー味とレモンティー味の2種類からセレクト可能で、どちらも紅茶の豊かな香りと上品な甘さが楽しめる。日本の伝統的な甘味と異国の文化を調和した、「界 アンジン」オリジナルフレーバーだ。

星野リゾート 界 アンジン
所在地 静岡県伊東市渚町5-12
電話番号 0570-073-011(界予約センター)
https://kai-ryokan.jp/anjin/

●星野リゾート 界 熱海
“梅蜜塩かき氷”

■提供時間/16:00~17:30 ■提供場所/青海テラス(天候により場所が変更になる場合あり) ■料金/無料(宿泊ゲスト限定) ■予約/不要

 日本一早咲きの梅が楽しめる場所として知られる熱海にある「界 熱海」では、梅ジャムとシロップを合わせた甘酸っぱい梅蜜のかき氷でこの地の梅文化を感じさせてくれる。館内各所から相模湾の絶景を望めることから、目の前に広がる海にちなんで、この梅密のかき氷に塩をかけて食すという斬新なアイデアの一品だ。

 しょっぱさの中に甘さを感じる、やわらかくてコクのある戸田塩(へだじお)が、梅のほんのりとした甘さにアクセントを利かせる新感覚の味わい。

星野リゾート 界 熱海
所在地 静岡県熱海市伊豆山750-6
電話番号 0570-073-011(界予約センター)
https://kai-ryokan.jp/atami/

<次のページ> “藍いちご”ってどんな果物か知ってる?

文=立花奈緒(ブレーンシップ)