日本を遊ぼう! 星野リゾートで地方の魅力再発見

日本を遊ぼう! 星野リゾートで地方の魅力再発見

伊東に誕生した船みたいな温泉旅館
「星野リゾート 界 アンジン」

■星野リゾート 界 アンジン

 日本の地方の魅力を掘り起こし、プロデュースすることで日本の観光に一石を投じてきた星野リゾート。その各施設を訪れ、地方らしい遊び方、旅の仕方を再発見していこうというシリーズが「日本を遊ぼう!」。

 今回から前後篇で紹介するのは、伊東にある「星野リゾート 界 アンジン」と「星野リゾート 界 伊東」。東京から特急踊り子号に乗れば105分で到着するこの王道の温泉地で、“界めぐり”を楽しみます。まずは、2017年4月にオープンしたばかりの「星野リゾート 界 アンジン」へ。

その名の由来は
“青い目のサムライ”

目の前に太平洋が広がる展望デッキ「サンブエナデッキ」で潮風を感じる。まるで船の甲板のよう。

 伊東駅から車で約5分とすぐの「星野リゾート 界 アンジン」に到着すると、船のデッキのようなアプローチで手渡されるのが“ボーディングパス”。

ゲートをくぐってデッキを渡るようなアプローチ。乗船するような気分だ。

 そう、この宿のテーマは“船旅”。

 ロビーの壁面には、実際の船を解体して作られたマリンアンティークのオブジェが飾られている。コーヒーやハーブティーなどを自由に楽しめるトラベルライブラリーには、テーブルの上に美しい帆船模型が置かれ、ストライプのソファーに座って船や航海の本を見たり、アナログのプレイヤーでLPレコードを聴いたりと、どこか異国の地への船旅に赴くような雰囲気が漂う。

ゆったりとしたライブラリーのテーブル上には、帆船模型が飾られている。船や航海に関連した本を眺めたり、ジャズやクラシックのLPに耳を傾けたりできる大人の空間だ。

 目の前の道路を挟んだ海辺には、江戸時代の日本に漂着した英国人航海士、ウィリアム・アダムスの彫像が立つ。

宿のすぐ前の海辺に立つサン・ブエナ・ベントゥーラ号の彫像。

 現在、この宿の立つ場所で、アダムスは、日本で初めての西洋式帆船を造ったのだ。徳川家康に重用され、後に三浦按針という日本名を持つ“青い目のサムライ”となったウィリアム・アダムス。モダンなインテリアの「星野リゾート 界 アンジン」の名はこの按針から来ている。

 ロビーを含めて館内3カ所に飾られている帆船の模型は、按針が造船し、初めて日本から太平洋を渡った“サン・ブエナ・ベントゥーラ号”という西洋式帆船なのだ。

オーシャンビュースイートの広々したリビング。
その窓から望む絶景。

 客室45室はすべて海を望み、舵や櫂など実際に使われていた船具や船の部分を使ったアートワークが船の旅を思わせる。特に最上階の「オーシャンビュースイート」は全面ガラスの向こうに大海原が見えて、ちょっと漕ぎ出す帆船に乗船したような気分だ。

寝具はオリジナルの“ふわくもスリープ”。雲の上のような極上の寝心地。

<次のページ> 伊東の歴史を訪ねてぶらり散歩

2017.08.26(土)

文=小野アムスデン道子
撮影=平松市聖

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

SPECIAL おすすめページ

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ