知る人ぞ知る美食の国、マレーシア。この連載では、マレーシアの“おいしいごはん”のとりこになった人たちが集う「マレーシアごはんの会」より、おいしいマレーシア情報をお届け。

マレーシア人がこよなく愛する
「アッサムラクサ」

 今回紹介するのは、出会ってしまったら最後、やみつき間違いなしの麺料理「アッサムラクサ」。

マレーシア全域で食べられている麺料理「ラクサ」は、地域ごとに様々な味がある。とくにペナン島でよく食べられているのが「アッサムラクサ」で、別名「ペナン・ラクサ」ともよばれている。
ペナン島で人気の店「アイル・イタム」。魚の身がたっぷり入った濃厚スープが特徴で、地元の人から観光客まで続々集まってくる。

 「アッサムラクサ」とは、ラクサの1種。日本でよく知られているカレー系のラクサとは違い、魚だしのスープが基本。そこに果物の酸味と唐辛子の辛みを加え、具とも、だしともいえる青魚のほぐし身をたっぷりと。麺は歯ごたえいい、やや太めの米麺を使用。

 たとえるなら、宮崎の冷や汁のようなトロミのあるスープの食感が非常に個性的で、ほかの麺とは一線を画す唯一無二感。そのため、一度ハマると、恋い焦がれるようになるやみつき麺なのです。また、この「アッサムラクサ」は、アメリカの放送局「CNN」がかつて発表した美食ランキングで、世界第7位に堂々輝いた経歴をもつ実力派。つまり、世界も認めた味!

 じつは、この魅惑の麺、マレーシアに行かずとも、東京・浜松町で味わえます。ありがたや~! 故郷ペナンの味を日本に広めたい、とマレーシア人のロバートさんが2014年にOPENした「ペナンレストラン」です。

ペナンレストランの「アッサムラクサ」980円。現地でもそうだが、スープ麺というより、濃度の高いスープを麺にからめて食べる“あえ麺”に近い。ランチタイムは麺の大盛可(+100円)。

 開店直後は、食材調達の関係で断念していましたが、現在は、築地で仕入れた新鮮なアジを使えば「現地の味になる!」と提供を決定。たった10杯の仕込みに3時間かけ、アジの身はひとつひとつ手でほぐすというこだわり。

 ひと口スープをすすると、酸味と辛みの絶妙なバランス、真っ青な海がすぐ目の前にあるような魚の香りの広がり。あぁ~、これはまさに、ペナンの味だ~!

<次のページ> アッサムラクサの神髄がこれ!

2018.05.01(火)
文・撮影=古川音(マレーシアごはんの会)

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!