さまざまな色と質感のリップが咲き乱れる2018年春。今日はどんな唇でいこう? それを軸に顔全体のバランスを考えることが、最旬のトレンドフェイスの近道に。外はまだ寒くても真っ先に春らしさを取り入れる、リップが主役のメイクアップ方程式をお届けします。

» 第2回 「シロップグロス」篇

◆「マットリップ」篇

 春だけど、いえ春だからこそ、マットリップ。ビューティシーンにはすでに、そんなムードが色濃く漂っている。マットな唇の久々の凱旋。

 それは新しい季節にふさわしい可憐な彩りとかつてない軽やかさ、──そう、唇をひとひらの花びらに変えてしまうような──をまとってやってくる。

 朝露に濡れたような肌とあわせて、とびきりフレッシュにつけこなしたい。

唇にひらりと息づく
新しいマット感

1. クリニーク ポップ パウダー 06 3,600円/クリニーク(限定発売中)
2. プードゥル ア レーヴル 410 4,400円/シャネル(限定発売中)
3. ストールンキス Like a Dream 2,800円/ADDICTION BEAUTY
4. リリカルリップブルーム 01 3,500円/THREE
5. ルージュ ディオールマット 641 4,200円/パルファン・クリスチャン・ディオール(限定発売中)
6. スティック ルージュ06 4,000円/レ・メルヴェイユーズ ラデュレ

(1) 唇の上で“ふわり”と咲き誇る、この春注目のパウダーリップ。最旬のフューシャピンクを新しい質感で楽しんで。

(2) 左のリップバームを塗ってから右のパウダーをチップで広げて、キスされたばかりのような唇に。

(3) 甘美なチェリーピンクを指で叩き込み、唇を染めあげて。意図的でないセンシュアリティが誰の心も奪うはず。

(4) 洒落感とかわいさを持ち合わせたモーヴピンク。肌との境目を感じさせない、軽さを極めたローマットな質感。

(5) オールドローズを思わせるピンクが、なめらかに色づく。

(6) 表情美を引き出すクラシカルな薔薇色。

クリニーク
電話番号 03-5251-3541

シャネル
フリーダイヤル 0120-525-519

ADDICTION BEAUTY
フリーダイヤル 0120-586-683

THREE
フリーダイヤル 0120-898-003

パルファン・クリスチャン・ディオール
電話番号 03-3239-0618

レ・メルヴェイユーズ ラデュレ
フリーダイヤル 0120-818-727

<次のページ> マットリップにピッタリなデューイースキン

2018.02.11(日)
Composition & Text=Yukiko Ogawa
Photographs=Hirofumi Kamaya
Artwork=Hiroshi Kitta(attik)
Illustrations=Yasunari Awazu

CREA 2018年2・3月合併号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

楽しいひとり温泉。

CREA 2018年2・3月合併号

ひとりに優しい宿こそ、いい宿でした
楽しいひとり温泉。

定価780円

2017年2月号で大好評だった「ひとり温泉」特集が戻ってきました。あるスタッフはこの1年、ほかの旅取材をしていても「この近くに、ひとり温泉にいい宿はないだろうか?」とアンテナを張り巡らせていたそう。そんな日々の努力が実って、今年も、ほぼ新規の宿ばかり100軒以上ピックアップ。今年も保存版ができてしまった予感。

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!