台湾1泊2日グルメ旅の第2弾は「台湾カルチャー」がテーマ。連載「台湾ぶらぶら食べ歩き」の筆者・矢作晃之さんに、1泊2日で台湾カルチャーを満喫できる旅のモデルコースを教えてもらいました。故宮博物院からはじまるDay1につづいて、今回は朝市からスタートするカルチャー巡りのモデルコースをご紹介! 

#THEME 02
「台湾カルチャーにハマる旅」Day2

=午前7:00頃=

 まずは朝市へ!

【MRTなどで移動】
ホテルの最寄り駅→MRT淡水信義線乗車→雙連駅2番出口よりすぐ

<朝ごはん>

◆雙連朝市

色とりどりのフルーツなどには日本で見かけないものも。

 朝市の活気ある風景は台湾の風物詩のひとつ。雙連朝市はMRT雙連駅から民権西路駅へ行くまでの一本道にずらり露店が並び、食品から衣料品、生活雑貨までが雑多な雰囲気で陳列されています。

カラフルなテントと活気ある雰囲気。

 途中、学問の神様が祀られている文昌宮や市場の向かい側には、朝食にぴったりな豆乳屋さんなどもあります。ぜひ、ローカルな雰囲気に触れてみましょう。MRTの駅を出てすぐとアクセスしやすいのも魅力。昼にはほとんどの店が閉店し、月曜は定休日の店が多いのでご注意を。

市場の向かい側には朝食にぴったりな店も点在。

<次のページ> 中華圏の伝統文化を満喫する見どころスポット

2018.01.21(日)
文・撮影=矢作晃之

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!