知ってトクするトラベル・インフォメーション

知ってトクするトラベル・インフォメーション

佐渡島の魅力を再発見!
スピリチュアルスポットをめぐる夜の旅

 新潟県佐渡島は、観光名所としていま脚光を浴びはじめている離島。豊かな自然にめぐまれ、海岸沿いにつづく奇石や怪石、山間に広がる棚田など、この地ならではの絶景や見どころが数多くある。また「貴族文化」「武家文化」、そして「町人文化」と多種多様な文化が融合した伝統文化は、「日本の縮図」と言えるほど豊かで複雑だという。

 そんな佐渡島の歴史的遺産や伝統文化を、今までにない演出で体験できる、「夜のミステリーバスツアー」が開催されると聞いて、行ってきた。「行き先の分からない」夜の遺産をめぐるミステリーバスツアーとは……。

新潟駅へ出発!

上越新幹線に乗って、東京駅から新潟駅へ。先頭部分がぷっくりと突き出した、ロングノーズ・デザインが印象的な「Maxとき」。

 2017年12月上旬、新潟県佐渡島で、「行き先の分からない」夜のミステリーバスツアー、「ようま観光バスツアー」が開催された。「ようま」とは、佐渡の方言で「夜」という意味。佐渡に語りつがれる民話や伝承に、ゆかりのある土地や地酒を、ミステリアスな夜の演出で味わうバスツアーだ。

 東京駅から新潟駅までは上越新幹線で約2時間。越後湯沢を抜けると車窓からのながめは、いっきに雪景色にかわり、まっしろな山々の幻想的な景観が楽しめる。

ちょうどこの日、新潟県内では本格的な雪が降りはじめ、新潟駅周辺も白銀の世界に。

 新潟駅に到着すると、うっすら積もった雪が。新潟市内は降雪量は少ないというが、ちょうどこの日、夜中から本格的に雪が降りだしたそう。雪の日の澄みきった空気が、すがすがしく気持ちいい。

 新潟本土からは旅客船ジェットフォイルに乗って佐渡島へ。ジェットフォイルのターミナル「佐渡汽船新潟港」までは、路線バスで約15分、またはタクシーで10分ほど。吹雪で視界が悪くなければ、新潟駅から港までスムーズに到着する。

ジェットフォイルに乗って
いざ佐渡島へ!

新潟~両津航路を運航するジェットフォイルは、「ぎんが」「つばさ」「すいせい」の3隻。天候により運航状況が変わる可能性があるので、佐渡汽船のホームページで事前にチェック!

 ジェットフォイルに乗船し、佐渡島両津港へ向けて出航。全席指定席なので、乗船まえに受付で指定を。窓から大海原がながめられ、海の深さなどで変化する海の色が楽しめる、2階の窓際席はおすすめ。

 両津港までは1時間05分。大きな揺れはほとんどなく、とっても快適。船体を海面に浮上させて走行することで、3.5メートルの荒波でも時速80キロの高速で疾走できるそう。TVモニターや給水器など船内の設備も充実している。

佐渡汽船
http://www.sadokisen.co.jp/

【ご乗船の予約・旅行商品の申し込み問い合わせ】
電話番号 0570-200310
営業時間 9:30~18:00

佐渡島に到着!

佐渡島両津港へ到着。船を降りると、「佐渡おけさ」の音楽がきこえてくる。

 佐渡島両津港に着船。両津港は、佐渡を訪れる人のほとんどが利用する、いわば佐渡島の玄関口。両津港ターミナルの改札を出るとすぐ左手には、土産店がずらりと並ぶ「シータウン商店街」が。和・洋菓子をはじめ海産物や加工品、酒類に工芸品と、地元の名産品がひととおり揃っている。すぐにでも買いたい気持ちを抑えて、帰りの乗船まえに買い物リストを脳内に作成。

シータウン商店街
所在地 新潟県佐渡市両津湊353-1
営業時間 8:00~19:30(冬期 8:00~17:00)
定休日 無休
https://www.visitsado.com/spot/detail0020/

周囲約17kmにもおよぶ加茂湖は、日本の離島の中でも最大の湖。

 日本に400島以上もあるという有人離島。その中でも佐渡島は、面積約855平方キロメートルと、日本海側では最大。北側には大佐渡の金北山などの山地、南側の小佐渡には大地山などの山地が広がる。「赤亀岩」の奇石・怪石や、岩首地区の標高350メートルを超える山間に広がる棚田など、絶景ポイントが多数ある。

 両津港から車で5分ほどの加茂湖もおすすめスポットのひとつ。日本の離島の中でも最大の湖で周囲は約17キロメートルもある。総面積では4.90平方キロメートル。山梨にある河口湖より少し狭く、本栖湖より広い。日本百景にも選定されており、目の前にひろがる広大な湖と、その先にそびえ立つ雄大な金北山の情景は感動的で、特に早朝の湖はまさにアート。油絵で描いたような幻想的な雲のひろがる空と、煌めく湖面は本当に美しく、いつまでも見飽きることがない。

 食事や買い物を楽しみたい場合は、両津港のちかくの商店街へ。港から徒歩7分ほどの場所にある「両津夷本町商店街」は80以上の店舗があり、カフェや寿司屋、居酒屋などの飲食店のほか、特産の魚介や乾物などを扱う商店を中心に軒を連ねる。意外にも書店やレコード店が多いのは、文化・教養に関心が高い土地柄なのかもしれない。昭和レトロのオシャレな雰囲気を感じさせる町並みは、ぶらっと散歩してみても楽しい。

両津港から車で約4分の場所にある「いしはら寿司」。霜降りの寒ブリとイカのにぎりは、鮮度抜群で柔らかい。お米は、あまくて美味しい佐渡産コシヒカリを使用。

いしはら寿司
所在地 新潟県佐渡市両津夷184
電話番号 0259-27-2658
https://www.facebook.com/ishiharasushi/

<次のページ> いよいよミステリアスなバスツアーへ!

2017.12.28(木)

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ