時代を経るほどに、存在感を増し
女たちに本質を伝えようとする天才

ガブリエル シャネル オードゥ パルファム 100mL 18,500円、50mL 13,000円/シャネル

 「みんな、私の着ているものを見て笑ったわ。でもそれが私の成功の鍵。みんなと同じ格好をしなかったから」。男の服を着たり、コルセットを外してメリヤスのような素材で動きやすい服を作ったり、スカートの裾を切って足を見せてしまったり、当時はやはり非常識だったかもしれないココ・シャネルの試み……でもそれらは今そっくり、“女の服”の原型となっている。まさに“モードの預言者”のような仕事をした人。

 だからだろうか、没後半世紀近く経っても、まだ生きているように、女を啓蒙し続けている。少なくとも過去の人とは思えない。デザイナーである前に、本質の本質を知っていた哲学者だから。そういう人だから、いっときの流行ではなく永遠のスタイルを作れたのだ。それどころか今なお時が経つほどに、シャネルの提案の正しさをより生々しく思い知らされるのは、驚きでさえある。

 そう感じるのは、ひょっとするとシャネル社が時代を見計らい、ゆっくりと、でも淀みなく、ココ・シャネル自身を丁寧にアーカイブするような香水を出すからではないかと思う。ココ。ココ・マドモアゼル。そして今秋、発表されたガブリエル シャネル。いずれも、シャネル自身を描く香り。だから香水が発売されるたびシャネルという人の底知れなさを思い知ることになるのだ。

<次のページ> 素顔のシャネルを描いた香り、ガブリエル シャネル

2017.11.01(水)
文=齋藤 薫
撮影=釜谷洋史

CREA 2017年11月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

やっぱり行きたいね、京都。

CREA 2017年11月号


やっぱり行きたいね、京都。

定価780円

鴨川べりの散歩道、かくれ家カフェに、しみじみおいしいごはん処――。忙しい日々の中でふと戻りたくなる町、京都。混んでいると聞いて最近少し足が遠のいていた人も、町が赤や黄色に色づく季節だから、久しぶりの京都旅にでかけませんか? 紅葉の隠れ名所に、外れなしのごはんリストなど、盛りだくさんの1冊になりました。

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!