今日の絶景

今日の絶景

革命と地震による破壊から復興した
ウズベキスタンの首都タシュケント

Magnificent View #1335
タシュケント(ウズベキスタン)

(C)Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 ウズベキスタンの首都タシュケントは、人口約230万人を擁する中央アジア最大の都市。街の歴史は紀元前にまでさかのぼり、古くから交通の要衝として繁栄してきた。

 歴史ある中央アジアの国というと、青いタイルのイスラム建築群がまっさきに思い浮かぶ。だが、ここはそんなステレオタイプのイメージを覆す街だ。道行く人にイスラムの服装を見かけることはほとんどなく、建物も近代的なものが多い。

 伝統的な風景が残されていないのは、1917年のロシア革命で街が破壊され、さらに1966年のタシュケント地震で壊滅的な被害を受けたためだ。

 代わって誕生したのが、洗練された街並み。地震後は計画的な都市作りが行われ、高層ビルや美しい公園などが造られた。そのひとつが、中央アジアで最も高い建築物として知らる、ご覧のタシュケントタワーだ。高さは375メートルあるが、マグニチュード9の地震にも耐えられる構造だという。

2017.10.15(日)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ