保湿の要となる、洗顔したての肌に投入する化粧水。ストレスから肌を守り、かつ、心地よいアイテムをトータルビューティアドバイザーの水井真理子さんにお話を伺いました。

» 第2回 弱った肌を癒すなめらか系

五感に響く一本を選んで
うるおい以上の効果を手に入れて

 洗顔後のまっさらな肌に送り込む、はじめの一滴が化粧水。

 「お手入れのファーストステップである化粧水は、肌が気持ちいいと感じることが何より大切です。だから、成分よりも、香りや肌に触れたときの感じなど、五感に響くかどうかで選んでほしいです」と語る水井さん。

 感性に触れる化粧水選びは、想像以上の保湿効果や、あとに続くスキンケアの効果を引き出すきっかけになるはず。

染み渡るうるおいが
心地いい清涼感をもたらす

 ほてった肌や、肩の力をゆるめたいときに選びたいのが、サラリとした感触のローション。肌が飲み込むかのように染み渡るうるおいは、心地いい清涼感をもたらす。

季節の変わり目にも
頼りになる薬用化粧水

薬用 ビューネ[医薬部外品]160mL 6,000円/メナード

 温泉ミネラルに植物エキスを組み合わせた成分ですっとなじみ、肌の調子を整える。季節の変わり目などのトラブルも起きにくく。

メナード
フリーダイヤル 0120-164-601

<次のページ> ザクロ葉エキスによるうるおいでふっくら肌に

2017.09.07(木)
Text=Mika Hatanaka
Photographs=Masahiro Tamura(FREAKS)、Hirofumi Kamaya
Styling=Mariko Nakazato
Nail=Miho Sakaida
Model=NATANE

CREA 2017年10月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

リラックスするための美容。

CREA 2017年10月号

触れて、感じて、ほっとする
リラックスするための美容。

定価780円

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!