自然に憩い、街で和む “ココチいい”山口旅へ

自然に憩い、街で和む “ココチいい”山口旅へ

爽やかな海風を自転車で切りながら
山口県の美しい海景をスクラップ

 夏から秋へと移ろうこの時期、山口へ出かけてみませんか。自然からもらう癒しとパワー、萩で過ごすのどかな時間など、夏の余韻と秋らしい趣も楽しめる“心地よい”スポットがたくさん。次の旅計画に加えたくなる、山口をとことん楽しむプランを3回にわけてお届けします。

» 第2回 絶景に癒され、湯宿で憩う【秋吉台、長門】
» 第3回 城下町・萩で“ひと目惚れ”を探して【萩】

Vol.01_海が誘う特別な時間
【角島、青海島、仙崎】

 日本海に面して横に長い山口県は、知られざる海景の宝庫。夏の陽差しの余韻を残しつつ、気候は涼しく過ごしやすいこの時期だからこそ訪れたい絶景スポットをご紹介。

コバルトブルーの海に架かる
グラマラスな角島大橋へ

全長1780m。通行料無料の離島架橋としては日本屈指の長さを誇る、角島大橋。しなやかな橋のカーブは、角島の手前にある小さな島、「鳩島」を回避することで生まれた。

 県内はもとより、日本有数の景勝地として名高いのが、下関市にある角島大橋。パノラマに広がるコバルトブルーの海上に、美しい曲線を描く橋の景観は、想像をはるかに凌ぐダイナミックさ。展望台からただ海を眺めて心を解放するもよし、車で橋を走りぬけ海を感じるもよし。観光のハイシーズンが過ぎ、落ち着きを取り戻した今こそ、その魅力を存分に満喫できるチャンス!

橋の開通と同時にできた海水浴場から眺める角島も、また違う表情で美しい。

角島大橋
所在地 山口県下関市豊北町神田~角島
電話番号 083-786-0234(豊北町観光協会)

潮風を感じながら
海岸沿いをサイクリング

 気候も穏やかなこの時季は、自転車で潮風を感じながら海岸沿いを走るのが最高に気持ちいい。今回は、仙崎のまちと青海島を巡る、自転車に慣れていない人にもおすすめのサイクリングルートをご案内。

 まずは、海岸沿いを駆け抜け、青海大橋を渡って青海島へ。

仙崎のまちから青海大橋へ向かう「さわやか海岸」。湾内が一望できる休憩ポイントは最高に気持ちいい場所。

青海島へ渡り、「波の橋立」へ

「波の橋立」のビューポイント。悠々とした懐の深さをたずさえた、郷愁の風景が広がる。

 「さわやか海岸」を走りきったら青海大橋を渡って青海島(おおみじま)へ。そこで待っているのは手つかずのまま残っている昔ながらの原風景。当時の時間の流れが息づくような素朴な景観は、初めてなのに懐かしく、まるでふるさとを訪れたような優しい気分に。

スポーツバイクから
電動アシスト付きまで
自転車旅の相棒は観光案内所で

 「サイクル県やまぐち」と称して、自転車旅を推奨していることもあり、山口県内にはレンタルサイクルスポットが点在している。仙崎の観光案内所にもスポーツバイク(クロスバイク、マウンテンバイク)から電動アシスト付き自転車までをレンタルで用意。今回紹介したビギナー向けの短距離ルートのほか、中・長距離ルートも教えてくれるので、積極的に活用してみて。

長門市観光案内所
所在地 山口県長門市仙崎4297-1
電話番号 0837-26-0708

 まだまだ続く自転車旅。次のページでは仙崎のまちを周遊。

<次のページ> 緑広がる原風景を一瞥して仙崎のまちへ

2017.08.26(土)

文=吉村セイラ
撮影=佐藤 亘

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

SPECIAL おすすめページ

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ