まるでぬいぐるみ! 国境を越えた“萌え犬”俊介

元気な俊介は、芝生をころころとよく走る。

 飛ぶ鳥を落とす勢いで人気爆発のポメラニアン・俊介。飼い主の「おかあちゃん」こと上山友利子さんがツイッターで紹介した俊介の写真が、「ぬいぐるみみたい!」とじわじわと話題に。

 昨年、当時まだ無名だった俊介を表紙に起用した『CREADog 』を機に、テレビ局からの出演依頼が相次ぎ、写真集も出版されるなど、今や日本一有名なポメラニアンとなった。

バンダナがトレードマーク。いっぱい持ってるのです。

 その人気は“超萌犬”とお隣の中国にも波及。俊介はこの騒動をどう思っているのだろう?

「本人は何も変わっていないので、以前と同じ日常ですね。ただ、取材されることが増えたので、トリミングの回数が激増しました(笑)。たくさんの方から『かわいい』と言っていただけるのはうれしいのですが、俊介ももう9歳になるので、無理せずのんびりと過ごしていきたいと思っています」(上山さん)

 人間の年齢に換算すると50歳を超える俊介。オーラ漂う“奇跡の9歳”の魅力で、末永く多くのファンに最高の笑顔を振りまいて!

公園で遊んでいた子どもの手作りカーを、ちょいと拝借。

<次のページ> 俊介のベストショットを堪能して!

2012.03.02(金)
text:Yukiko Umetsu
photographs:Keiji Ishikawa

CREA Due Dog 2011年10月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!