トラベルライターの旅のデジカメ虫干しノート

トラベルライターの旅のデジカメ虫干しノート

豹や鹿やカメレオンが敷地を闊歩?
スリランカのジャングルに立つホテル

 世界を旅する女性トラベルライターが、これまでデジカメのメモリーの奥に眠らせたままだった小ネタをお蔵出しするのがこのコラム。敏腕の4人が、交替で登板します。

 第155回は、人気急上昇中のスリランカのホテル最新事情を、大沢さつきさんがレポートします!

地元スリランカ資本のホテルが元気

木陰に身を隠すスリランカ豹、クールだわ。photo by Steuart Roelofsz

 スリランカ私設応援団としてはそろそろ、かの国の最新情報をお届けしたい。

 2017年の初めから行われていた国際空港の工事がひと段落し(見た目にはあまり変わらず)、フライトの混乱も落ち着いたもよう。

 そして相変わらず、続々と新しいホテルがオープンしていて、ワクワクの状況だ。とりわけ、スリランカ人オーナーのホテルが元気というのが嬉しい。

 もちろん、ゴール界隈にこれまた続々とできてるヨーロッパ人オーナーのプチホテルもお洒落でいいのだが、やはり自国オーナーのホテルに勢いがあるのは国力アップにもよいことです。

なにやらアフリカンな雰囲気のキャビン。中はだいじょうぶなんだろうか……。

 しかも、地元スリランカのお金持ちをターゲットにしたホテルも人気とあって、経済が順調に成長し、富裕層が増えてきた証。スリランカ・ラバーズとしては頼もしい限りだ。

 今回はまず、そんなスリランカ人オーナーによる、スリランカの富裕層に向けた豪華ホテル「ウガ チェナハッツ」からご紹介。

 セイロン島の南東部、以前「スリランカで楽しむ本格サファリ」でご紹介したヤーラにあるホテルだ。

駐車場からレセプションまでは、こんなキュートなカートで移動。

 道に掲げられたホテルの標識から走ること1分。まず、鹿の親子が出迎えてくれる。ちょっと“奈良”な気分でクルマを降り、レセプションへ。

レセプションには、ゲストの国の国旗を掲げるスペースがあって、残念ながら日本の旗がなかったので、スリランカの旗を掲げてもらった。

 今度は“アフリカ”な雰囲気の素朴なつくりのレセプションが出現。でも、手前の池にはハスの花が咲いているので、やはりここはアジア、スリランカだ。

 この「チェナハッツ」は、スリランカ最大の都市であるコロンボに「ウガ レジデンス」という瀟洒な人気ホテルをもつグループの系列。さて、どんなお楽しみがあるのだろうか。

レセプション&ダイニングと各キャビンは、こんなボードウォークで結ばれている。

 キャビンに案内されながら、説明を聞く。

「このボードウォークから降りて散歩するときは、必ずレンジャーを呼んでください。決して自分だけで降りてはダメです。稀ではありますが、豹がいることもあるんで」

“!”

「ヤーラ国立公園がすぐそばですからね。象が海で遊んでることもありますよ。満月の夜に海ガメの産卵が見られることもあります。まぁ、運が良くないと見られないけど」

“!!!”

 と、こんな説明を受けてるそばから、「ほらカメレオン!」とか「あそこに猿がいるの見えますか?」……とてもシャッターを切ってる余裕はナイ。

このホテルは海に面したジャングルの中にあるので、動物との遭遇率が高いのだとか。ビーチを散歩するときも、レンジャー同伴。いろいろな説明をしてくれるので、これまた楽しい。

<次のページ> 目指すは、インターナショナルなホテル

2017.04.26(水)

文・撮影=大沢さつき

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ