今日の絶景

今日の絶景

ドイツ北部のメルヘンチックな街に
コスプレ魔女たちが集う春の祭り

Magnificent View #1287
ゴスラー(ドイツ)

(C)Raimund Linke / Masterfile / amanaimages

 ドイツ北部にあるゴスラーは、この国最古の鉱山を持つ歴史ある街だ。美しい彫刻が施された木組みの家が並ぶ旧市街は、ランメルスベルク鉱山とともに世界遺産に登録されている。

 ご覧の風景は、街の中心地であるマルクト広場。放射線状に石畳が広がり、瀟洒なグレーの木組みの建物が並ぶ景観は、まるで中世そのもの。

 そんなメルヘンチックなこの街が、魔女に仮装した人たちであふれ返る日がある。4月30日、「ヴァルプルギスの夜」と呼ばれる、盛大な祭りの日だ。伝説によると、魔女たちは4月30日の夜から翌朝にかけて、ハルツ地方の最高峰ブロッケン山に集い、冬の終りを悪魔たちと祝うのだそう。

 この伝説を発祥とする祭りの夜は、街はひときわにぎやかに。魔女に仮装した人たちが行き交い、かがり火を囲んで歌い踊る様子は、街の春の風物詩となっている。

2017.04.30(日)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ