Magnificent View #1274
クチン(マレーシア)

(C)Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 ボルネオ島北西部にある都市、クチン。古くから南シナ海航路の要所であったここは、1841年から1946年にかけて3代続いたサラワク王国の首都としても発展した。

 街には首都時代のコロニアルな建物と、イスラムのモスク、極彩色の中国寺院などが混在し、エキゾチックな雰囲気を漂わせている。

 そんな美しい古都は最近、すっかり「猫の街」として有名に。街の名がマレー語で猫を意味することから、いたるところに猫のモニュメントが立ち、猫グッズの店や猫にまつわる博物館が続々オープンしているのだ。夏には、毎年恒例の猫祭りも開かれている。

 ちなみに、街名の由来は中国語の「港」を意味する「コチン」がルーツという説、フルーツの「マタ・クチン」の木が多くあったためという説もある。諸説あるが、猫が街おこしの一端を担っていることは事実。猫好きなら、ぜひ一度は訪れてみたい。

Column

今日の絶景

この広い地球上には、まだまだ知られざる素晴らしい景色がある。思わず息を飲んでしまう雄大な自然、ミステリーにあふれた驚きの奇観、そして、人間の文明が刻んだ偉大な足跡……。ここに、選りすぐりの絶景をお届けします。さあ、ヴァーチャルな世界旅行へと出かけよう!

2017.03.27(月)
文=芹澤和美

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!