ショーン・モリスの ハワイで最旬の一皿!

ショーン・モリスの ハワイで最旬の一皿!

ホノルルグルメ初心者に朗報!
ダウンタウンの有名店が姉妹店をオープン

 ハワイきっての食通ショーン・モリス氏に、昨年オープンしたばかりのレストランのなかから「今年は、これを食べるべき!」というお店&おすすめの一皿を教えてもらいました。

#06 ベスト・ニューエスニック
「ピギー・スモールズ」

ママ・レズ・フォー 14ドル。

 ダウンタウンの有名店「ザ・ピッグ・アンド・ザ・レディー」が、アラモアナセンターのお隣、ワード・ビレッジに姉妹店をオープンしました。

 ホノルルの夜に慣れていない旅行者の場合は、ディナータイムのダウンタウンに足を伸ばすのを躊躇してしまうことがあると思いますが、これからは「ピギー・スモールズ」があります! ランチとディナーの営業、デザートメニューも充実していて、おまけにバーも併設されています。

グリルド・ブランジーノ・アマンディーヌ 31ドル。骨を抜いた魚のアーモンド姿焼き。

 エグゼクティブシェフのアンドリュー・レさんが、子供の頃にお母さんが作ってくれたベトナム料理をインスピレーション源に、ヨーロッパ、北アフリカ、アメリカ、東南アジアのエッセンスを取り入れて考案したメニューを提供。敏腕料理長のブランドン・リーさんが腕を振るいます。

ローデッド・ベイクドポテト・ベニエ 8ドル(写真手前)、左奥が手羽先のフライLFC。

 ローデッド・ベイクドポテト・ベニエは、ふんわりエアリーな揚げたてのドーナッツ。刻んだハム、チャイブをトッピングしたポテト&チェダーチーズのムースと一緒にいただきます。

 サクサクの食感がたまらない、二度揚げした手羽先「LFC」は、一度食べたら何度でもリピートしたくなる一皿。醤油ベースの甘辛ソースに、レモングラスの香りが東南アジア料理を思わせます。

モロッコ風・パパイヤ・サラダ 13ドル。

 伝統的なベトナム料理に、ニンジンのピューレ、クミンやミントでフレッシュなひねりを効かせた、モロッコ風・パパイヤ・サラダはさっぱりとした仕上がり。フォーがお好みなら、野菜ベースのスープが体にしみわたるビーガンフォーを。

 すでに開店前から長蛇の列ができる賑わいなので、予約がマストです。

Piggy Smalls
(ピギー・スモールズ)

所在地 1200 Ala Moana Blvd., Suite 665
電話番号 808-777-3588
営業時間 月~土曜 11:00~21:30、日曜 11:00~16:00
定休日 無休(クリスマス・元日を除く)
オープン 2016年10月
http://thepigandthelady.com/piggysmalls/
※ワード・ビレッジ

Sean Morris(ショーン・モリス)
ホノルル生まれ、ホノルル育ち。ハワイを拠点とするマーケティング&PR会社を経営する。ハワイ随一の食通として知られ、「これは! というレストランには、必ず自腹で食べにいきます」という探究心で、うつりかわりの激しいハワイのグルメシーンを食べ歩く毎日。

2017.03.20(月)

文・撮影=Sean Morris

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ