ショーン・モリスの ハワイで最旬の一皿!

ショーン・モリスの ハワイで最旬の一皿!

圧巻の名物シーフードタワー!
ハワイで海鮮三昧するならこの新店

 ハワイきっての食通ショーン・モリス氏に、昨年オープンしたばかりのレストランのなかから「今年は、これを食べるべき!」というお店&おすすめの一皿を教えてもらいました。

#04 ベスト・ニューシーフード
「フィッシュハウス」

フィッシュハウス・タワー 175ドル。

 ミート天国のハワイで「ステーキのおすすめ店は?」という質問は、ロコたちはもちろんのことハワイラバーな旅行者なら、だれでも簡単に答えられるでしょう。ところが、「シーフードなら?」と聞かれると、四方を海に囲まれた環境にもかかわらず、返答に困ってしまう、というのが本当のところでした。

いい魚が入荷した日にはホール・フィッシュを時価で提供。

 そんななか、フォーシーズンズ・リゾート・オアフ・アット・コオリナにオープンした「フィッシュハウス」。

 昨今のハワイでは、多くのシェフが地産地消=ファーム・トゥ・テーブルをうたい、特定の生産者と提携した野菜を売り物にしています。「フィッシュハウス」のエグゼクティブシェフ、レイ・ジャーマン氏も同じくファーム・トゥ・テーブルを実践していますが、彼の場合、アプローチが少し違います。というのは、それと同じくらい、もしかしたらそれ以上に、新鮮な海の幸にもこだわっているのです。

コーン・オン・ザ・コブ 2個9ドル(ランチタイム)。

 圧巻なのが、エビ、カキ、ムール貝、ハマグリ、半ポンドのキングクラブレッグ、茹でたロブスターテイルなどの新鮮なシーフードを高々と積み上げた、「フィッシュハウス・タワー」。

 ほかにも、カイルアの醸造会社ラニカイのモクIPAビールを加えた衣で揚げた「フィッシュ・アンド・チップス」、サクサクした食感とロブスターの旨みをたっぷりと味わえる「ザ・ディープ・フライド・ロブスターテイル」など、シーフード満載のメニューが堪能できます。

ランチメニューの一例、アンクルズ・フライド・ロブスター・テイルズ 32ドル。
ハワイの爽やかな風が吹き抜ける開放的な店内。

 店内はマリンモチーフのインテリアにあふれ、穏やかなラグーンを眺めながら、目の前にずらりと並べられる海の幸……ここ「フィッシュハウス」は、徹底して海とシーフードにこだわったレストランです。

Fish House (フィッシュハウス)
所在地 92-1001 Olani Street
電話番号 808-679-0079
営業時間 ランチ 11:00~17:00(日曜はブランチ10:00~16:00)/ディナー 17:00~23:00
定休日 無休
オープン 2016年6月
http://www.fourseasons.com/jp/oahu/dining/restaurants/fish_house/
※フォーシーズンズ・リゾート・オアフ・アット・コオリナ内

Sean Morris(ショーン・モリス)
ホノルル生まれ、ホノルル育ち。ハワイを拠点とするマーケティング&PR会社を経営する。ハワイ随一の食通として知られ、「これは! というレストランには、必ず自腹で食べにいきます」という探究心で、うつりかわりの激しいハワイのグルメシーンを食べ歩く毎日。

2017.03.17(金)

文・撮影=Sean Morris

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ