ショーン・モリスの ハワイで最旬の一皿!

ショーン・モリスの ハワイで最旬の一皿!

ハワイで話題の朝ごはんスポットがここ!
新鮮な卵たっぷりのオムレツをぜひ

 ハワイきっての食通ショーン・モリス氏に、昨年オープンしたばかりのレストランのなかから「今年は、これを食べるべき!」というお店&おすすめの一皿を教えてもらいました。

#01 ベスト・ニューブレックファストスポット
「エッグヘッド・カフェ」

エビとベーコンのオムレツ 13.95ドル。

 「エッグヘッド・カフェ」は、朝ごはん重視のあなたにとっては、たまらない新スポットです。アラモアナセンターから徒歩で約10分、今注目のエリア、カカアコにオープンしました。

 ハワイの多くのレストランで朝食といえば、エッグベネディクトとパンケーキが定番で、品数もそれほど多くないというのが通例。しかし! こちらのカフェは、選ぶのに迷ってしまうほどの品数。しかもどれも驚くほど、ハイクオリティなのです。

マンゴーフルーティースムージー 5.50ドル。

 また、ユニークなのが台湾料理にインスピレーションを受けた“ハワイアン台湾フュージョン”であるということ。まさに「East meets West」な朝ごはんは、アメリカ大陸とアジア大陸を挟む、太平洋のド真ん中に位置するハワイらしいスタイルかもしれません。

 私のいちばんのお気に入りが、エビとベーコンのオムレツ。まろやかな卵に柔らかなエビのアクセント、さらにはベーコンの塩気とのバランスがパーフェクト!

 油あげ、椎茸、ピーマン、ホウレン草入りのヘルシーな「ヴェジートピア」は、クリーミーなプロヴォローネチーズに醤油ベースのアジアンソースを効かせた、創造的なオムレツ。ほかにも、ピリッと刺激のあるチョリソーなど、気の効いたアメリカンスタイルのオムレツが揃っています。

手前から:カニの身ベネディクト 15.95ドル、ストロベリーショートケーキパンケーキ 11.95ドル、チョリソーオムレツ 9.95ドル。

 バゲットを使うエッグベネディクトは、「カニの身ベネディクト」と「メキシカンベネディクト(チョリソー、サワークリーム、ヴェルデオランデーズ)」がいち押し。デリケートなポーチドエッグ、ベルベットのような滑らかなオランデーズソースがたまりません。

 パンケーキなら、「ストロベリーショートケーキ」をぜひ。その名の通り、まさにいちごケーキのような仕上がり。「スモア(ダークチョコチップ、ガナッシュ、マシュマロ、グラハムクラッカー)」「ハワイアン(ハワイアン紫イモ、ハウピアソース)」など、どちらかというとデザート系のラインナップです。

 ハワイの一日を健康的にスタートしたいなら、シリアルとアサイーという選択もできますよ。

フリーのWi-Fiも完備しているおしゃれな店内。

Egghead Cafe
(エッグヘッド・カフェ)

所在地 885 Queen Street
電話番号 808-591-0066
営業時間 火~金曜 7:00~14:00、土・日曜~15:00
定休日 月曜
オープン 2016年1月
http://www.eggheadhonolulu.com/

Sean Morris(ショーン・モリス)
ホノルル生まれ、ホノルル育ち。ハワイを拠点とするマーケティング&PR会社を経営する。ハワイ随一の食通として知られ、「これは! というレストランには、必ず自腹で食べにいきます」という探究心で、うつりかわりの激しいハワイのグルメシーンを食べ歩く毎日。

2017.03.04(土)

文・撮影=Sean Morris

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ