伊藤美佐季のジュエリーのある人生

伊藤美佐季のジュエリーのある人生

時代を超越するアイコニックなデザイン
ブルガリの「ビー・ゼロワン」コレクション

BVLGARI
ブルガリの「ビー・ゼロワン」コレクション

「ビー・ゼロワン」リング〈人差し指〉(PG×ブラックセラミック) 135,000円、〈中指〉(PG×ホワイトセラミック) 155,000円、〈薬指〉(PG×ブラックセラミック) 155,000円/ブルガリ(ブルガリ ジャパン) ※PG=ピンクゴールド

 名門ジュエラーには、時代を超越するデザインのアイコニックなジュエリーがあるものですが、ブルガリの「ビー・ゼロワン」もまさにそんなコレクションのひとつです。

 私は、不変の美を誇る定番的なジュエリーをつけるときにこそ、「どうつけるか」にこだわるようにしています。ステディとして毎日つけられるようなジュエリーの場合は、個性を出すために、つけかたで遊ぶのです。

「ビー・ゼロワン」ピアス〈左耳〉(PG×ホワイトセラミック) 265,000円(両耳の価格)、〈右耳〉(PG×ブラックセラミック) 265,000円(両耳の価格)/ブルガリ(ブルガリ ジャパン)、トップス 141,000円、パンツ 113,000円/クレージュ(TFC)

 「ビー・ゼロワン」にはさまざまな種類が出ていますが、セラミックのモノトーンのシリーズを見たとき、地金とは異なる新鮮な印象を持ちました。そして印象が違う2種類、ブラックのクールな潔さとホワイトの知的な気高さ、双方をミックスできたら面白いなと思ったのです。

 黒と白でリングを合わせたり、ピアスなら左右あえて違う色をつけた今回のスタイリングは、そんな発想から生まれたもの。いつも身につける定番のジュエリーだからこそ、時にあしらいかたを変えたり、冒険したりすることで自分らしさを表現するといいと思います。

ブルガリの代表作でもある「ビー・ゼロワン」。ローマの建築物にインスパイアされたという螺旋状のラインを、イタリアらしくモダンに仕上げたデザインに、エターナルな美が宿る。こちらはブラック&ホワイトのセラミックを使用。

伊藤美佐季(いとうみさき)
ジュエリーディレクター。30代でイタリアに遊学、帰国後、スタイリストに。ジュエリーや洋服のスタイリングのほか、ジュエリーに関する講演なども行う。

<この記事の掲載号>

CREA 2017年3月号

大人のためのアニメガイド
みんなアニメに夢中。

定価780円

購入はこちら

2017.02.13(月)

photographs=Masashi Ikuta(makiura office)
styling=Misaki Ito
make-up=Itsuki
hair=Takayuki Shibata
text=Miwako Yuzawa

同じテーマの記事

もっと見る

FASHION} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ