伊藤美佐季のジュエリーのある人生

伊藤美佐季のジュエリーのある人生

NYの街のスピリットを感じる
「Tiffany T Two」のリング

TIFFANY&Co.
「Tiffany T Two」のリング

リング〈右〉(YG×ダイヤモンド) 350,000円、〈中〉(WG×ダイヤモンド) 890,000円、〈左〉(RG) 168,000円/ティファニー(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) ※YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールド、RG=ローズゴールド

 2013年、デザインディレクターに、フランチェスカ・アムフィテアトロフが就任して以来、モダンなイメージに進化しているティファニー。私が撮影時にイメージする女性像も、「女の子っぽくて可愛い、愛される女性」から、「芯のある自立した女性」になり、合わせる洋服もシンプルだけれど上質なものを心がけるようになりました。

 今回のリングは、フランチェスカが手掛けた「Tiffany T」の新作「Tiffany T Two」。NYの街のスピリットを感じるリングは、パートナーとも共有できるのが特徴です。グラフィカルに表現されたTが配されたデザインは、シンプルなようでいて、指にしてみるとポイントになるのがいい。

ワンピース 39,000円/エアロン(ロンハーマン)

 また、ライフスタイルによって地金だけのもの、ダイヤ入りのものなどと選べるのも、今の時代に合っているなと感じます。一本でも素敵ですが、写真のように、レイヤードしたり、第一関節と第二関節の間にしたりとつけ方を変えて楽しむと、よりモード感のあるスタイルに。タイムレスなデザインだからこそ、つけ方で遊んでも奇抜にならない。自由にアレンジして個性を楽しめるのが、ティファニーの魅力なのだと思います。

「Tiffany T」コレクションの新作「Tiffany T Two」。中央のグラフィカルなTのモチーフが印象的。ジェンダーレスなデザインが特徴でペアで楽しむことも。

伊藤美佐季(いとうみさき)
ジュエリーディレクター。30代でイタリアに遊学、帰国後、スタイリストに。ジュエリーや洋服のスタイリングのほか、ジュエリーに関する講演なども行う。

<この記事の掲載号>

CREA 2016年11月号

一杯がもたらす最高の癒し
喫茶店とコーヒーがそこにある幸せ

定価780円

2016.10.31(月)

photographs=Masashi Ikuta(makiura office)
styling=Misaki Ito
make-up=Masayo Tsuda(mod's hair)
hair=Nori Takabayashi(angle management)
text=Miwako Yuzawa

同じテーマの記事

もっと見る

FASHION} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ