CREA WEB ビューティニュース速報!

CREA WEB ビューティニュース速報!

最旬キューティクルケアを体験!
パサつく冬の髪に“直ぬり”ジェルを

うるおいのある艶髪を
冬もキープするための救世主

シャンプーとコンディショナーの間に使用する「キューティクルエッセンス」。左から、さらさらスムース髪、しっとりツヤ髪、ふんわりうるツヤ髪のラインアップで2016年8月に発売。

 元祖キューティクルケアブランドといえば花王の「エッセンシャル」。1976年に誕生したこのブランドが「天使の輪、光ってる?」と問うたことで世の女性たちは、「艶やかな髪に必要なのはキューティクルケアだった!」と気づいたのです。

 そして40年の間、ひとときも休まず女性のヘアケアについて研究を重ねてきた花王から、2016年8月に新たな発想のもと、「キューティクルエッセンス」が発売されました。

 「天使の輪」が光る、艶やかな髪にはキューティクルが必要……それって、つまりどういうこと? 花王の研究員、井上将来さんに聞いてみたところ、「キューティクルとは、外部からの刺激から髪の内部を守るための、いわば“防御壁”です」と、模型を使って教えてくれました。

左:髪の表面を覆っている、キューティクルの断面模型。茶色い部分がタンパク質層で、その上を脂質(水色の部分)が覆い、水をはじいたり外部からの刺激から髪を守っている。
右:表面の脂質がはがれ、タンパク質層がもろくなって表面が削れて凸凹に。「キューティクルが傷んでいる」とはこの状態。

 キューティクルが髪の表面を覆っていることで、毛流れが整い、指通りがよく艶のある髪の毛になります。反対にキューティクルが傷んでしまうと、表面にできた凸凹のおかげで摩擦が大きくなり、指通りが悪くパサついた印象に。

タンパク質層(茶色)の傷んで凸凹になった部分を、「キューティクルエッセンス」(黄緑色)が補い、その上からコンディショナーで油分を与えてフタ(水色)をする。

 「キューティクルが傷んで、タンパク質層が凸凹の状態になると、従来型のトリートメントでは凸凹の表面にケア剤が塗布されるだけ。ケア剤が定着しないため、時間がたつとトリートメント効果が薄れていきます。そこで、まずはこの凸凹を“埋める”ことが大切だと考えました」(井上さん)

 この凸凹部分を埋めるために登場したのが、「キューティクルエッセンス」。シャンプーでの洗髪後、とろりとしたジェル状の「キューティクルエッセンス」を髪全体になじませます。このあとコンディショナーにすすむわけですが、ここでは「キューティクルエッセンス」を洗い流さないのがポイント。ジェルを“直ぬり”して、その上からコンディショナーでフタをするイメージです。

キューティクルが傷んだ髪を使って、トリートメント剤の定着具合を実験。左側がトリートメントをしただけの髪で、右側が「キューティクルエッセンス」を使った髪。髪の表面をあぶらとり紙で拭ってみたところ……。
こちらが実験結果。トリートメントをしただけの髪(写真左)は、より多くのトリートメント剤があぶらとり紙に移っている。一方で「キューティクルエッセンス」を使った髪(写真右)は、髪にトリートメント剤が定着しているため、あぶらとり紙への反応がほとんどなかった。

 百聞は一見にしかずと、編集者Uが「キューティクルエッセンス」を体験してみることに。

同じライティングで撮影したうしろ姿。写真加工ももちろんナシ。「キューティクルエッセンス」を使ったのが左右どちらなのかは……言わずもがなの仕上がり。

 毛流れが良くなり、「天使の輪」が光ってる! 洗髪後に撮ってもらったうしろ姿の写真を見て、思わずCM女優になった気分になりました(笑)。週に1、2回程度の使用で、この輝きが持続するのだとか。

 空気が乾燥していて、パサつきがちな髪に悩んでいたこの季節に、頼もしい相棒を発見しました。

左から「エッセンシャル キューティクルケアシャンプー」「エッセンシャル キューティクルエッセンス」「エッセンシャル キューティクルケアコンディショナー」。

花王 エッセンシャル
http://www.kao.co.jp/essential/

【お問い合わせ】
花王株式会社
生活者コミュニケーションセンター 消費者相談室

フリーダイヤル 0120-165-692

2017.02.18(土)

文・撮影=CREA WEB編集室

同じテーマの記事

もっと見る

BEAUTY} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ