マッキー牧元の「いい旅には必ずうまいものあり」

マッキー牧元の「いい旅には必ずうまいものあり」

冬の山代温泉「星野リゾート 界」で
蟹づくしを堪能、ひとり蟹2ハイ分!

vol.19 山代温泉(石川県)

蟹を食べる前に身を清めなくては

 冬の北陸には、ご馳走が待ち構えている。

 中でも極め付きが、ズワイガニである。

なまめかしい蟹爪。

 世には贅沢な、高級な食材はたくさんあるが、このズワイガニほど食べて後ろめたくなるものはないと思う。

 家族よ、友人よ、ごめんなさい。いつか一緒に食べようね。なんて思いながら食べるので、余計にうまく感じられるのかもしれない。

山代温泉にある旅館「星野リゾート 界 加賀」。

 そのズワイガニを恐れ多くもひとり2ハイ近くいただくことができるコースがあるのが、山代温泉にある旅館「星野リゾート 界 加賀」である。

蟹を食べる前に身を清めなくては。

 冬の加賀温泉駅に降り立ち、宿に向かう。

 加賀友禅や水引などの伝統文化が散りばめられた部屋に通され、まずは蟹を食べる前に身を清めなくてはと、湯に向かう。

 「美人の湯」とはおじさんには無縁だが、心身も胃袋も浄化されたようで、俄然蟹への戦闘意欲が湧いていくる。

 さて「蟹づくしタグ付き蟹懐石」である。

 まずは香箱蟹を、その淡く優しい身の味や、内子や外子を味わいながら、盃を傾ける。

香箱蟹の淡く優しい身の味。

 続いて、焼き蟹である。

炭火で焼かれた蟹たち。

 炭火で焼かれた蟹たちが網の上で身悶える。殻が焦げて、あたり一面に香ばしい香りが漂いだす。

 香ばしさに包まれた蟹の身が、舌の上で甘く爆ぜる。

 続いて甲羅を焼けば、味噌がグツグツと沸き立って、いてもたってもいられなくなる。

甲羅を焼けば、味噌がグツグツと沸き立って。

 味噌を食べ、いや甲羅に口をつけて味噌をすすり、少し残すと、酒を注いで、再び炭火にかける。

 蟹味噌と酒が見事にだき上がった「蟹味噌酒」は、もうそれを肴に酒が飲める味である。酒好きにはたまりません。

 お次は刺身が登場した。透明な身にかじりつけば、甘い汁がタラタラと唇に溢れ、舌に流れて、顔が緩み放しとなる。

蟹しゃぶとブリの刺身。

<次のページ> 現地で食べてこその豊満なうまさがある

2017.01.08(日)

文・撮影=マッキー牧元

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ