マレーシアごはん偏愛主義!

マレーシアごはん偏愛主義!

日本で買える食材&スパイスでできる!
マレーシアの本格チキンカレーの作り方

 マレー半島とボルネオ島北部にまたがる常夏の国、マレーシア。実はこの国、知る人ぞ知る美食の国なのです。そこでこの連載では、マレーシアの“おいしいごはん”のとりこになった人たちが集う「マレーシアごはんの会」より、おいしいマレーシア情報をお届け。多様な文化が融け合い、食べた人みんなを笑顔にする、とっておきのマレーシアごはんに出会えますよ。

香りと旨み、そして濃厚なコクが
特徴のチキンカレー

インドの食文化の影響を受けているマレーシアは、カレーの種類が驚くほど豊富。そのなかでチキンカレーは、辛さひかえめでとろみがあり、日本のカレーにかなり近い。

 肉や魚の旨みに、多種のスパイスの香りが一体となったマレーシアのカレー。なかでもチキンカレーは、ココナッツミルクに鶏肉の甘みが溶けあった深い味で、一度食べたらどんな人でもフォーリンLove! 辛さひかえめなこともあって、子供から大人まで万人に愛される、マレーシアを代表するカレーです。

 今回は、そのチキンカレーの作り方を伝授します。基本の材料は、市販のカレー粉とココナッツミルクさえあればOK!

野菜はじゃがいも、玉ねぎ、オクラ。ココナッツミルクをたっぷり加えることで、とろみが出る。

 おいしく作るポイントはふたつ。骨付きの鶏肉を使うこと、そしてカレー粉を吟味すること。

 まずひとつめの鶏肉。現地では丸鶏をぶつ切りにして骨ごとぐつぐつ煮込みます。骨からだしが出て、カレーに深みが増すのです。今回は手羽元を使用します。

 次にカレー粉。スーパーで購入できるもので構いませんが、八角やシナモンの入ったカレー粉を選ぶと、よりマレーシアらしい味になります。なければ、ホール状の八角とシナモンスティックックを別に加えるとよいでしょう。

 また、異なるメーカーのカレー粉を2種ブレンドするのもおすすめです。スパイスの種類はメーカーによって異なるので、ブレンドすることでスパイスの香りに広がりがでて現地の味にぐんと近くなります。もっとマレーシアの味に近づけたいなら、マレーシア産のカレー粉を使ってみて(購入方法は後述します!)。

 さらに玉ねぎを炒めるときに、クミンシードとカレーリーフを加えると本格的な味に。ふわっと立ちのぼる香ばしさは、まさにマレーシア現地の匂いです。

<次のページ> マレーシア チキンカレーのレシピ

2016.12.30(金)

文・撮影=古川音

同じテーマの記事

もっと見る

GOURMET} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ