今日の絶景

今日の絶景

中禅寺湖から一気に流れ落ちる
華厳の滝は日本三名瀑のひとつ

Magnificent View #1158
華厳の滝(栃木県)

(C)Robert Harding Imagesk / Masterfile / amanaimages

 栃木県日光市にある華厳の滝は、和歌山県の那智の滝、茨城県の袋田の滝と並ぶ日本三名瀑のひとつ。1927年に選定された「日本新八景」にも名を連ねる、日本を代表する景勝地でもある。

 高さ97メートルの岩壁を一気に流れ落ちる迫力ある眺めを目前にすれば、その知名度にも納得がいく。

 この絶景を一目見たいと思うのは、昔も今も同じこと。だが、かつて滝見物は容易ではなく、危険な岩場にしがみついて眺めるしかなかった。明治23年に星野五郎平が10年もの歳月をかけて滝壺近くに茶屋を建造。これにより、人々はくつろいで滝を間近で見られるようになったという。

 さらに昭和5年には固い岩盤をくり抜いたエレベーターが設置。簡単に滝正面の展望台へと行けるようになり、観光客が急増した。

 この巨大な滝の第一発見者は、日光山を開いた僧侶の勝道上人。仏教の経典「華厳経」からこの滝に名を付けたときは、まさか多くの見学客でにぎわう場所になるとは、夢にも思わなかったことだろう。

2016.12.01(木)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ