今日の絶景

今日の絶景

「カラスの城」という異名を持つ
漆塗りの黒い壁が美しい名城は?

Magnificent View #1123
岡山城(岡山県)

(C)Allan Baxter / Masterfile / amanaimages

 城壁が板張りで黒く塗られていることから、別名を烏城(うじょう)と呼ばれる岡山城。黒漆塗りの壁と金の鯱の見事なコントラストが美しい名城だ。

 城の完成は1597年。豊臣秀吉の指導を受けて宇喜多秀家が築造した。このとき、要塞としての城を建てるだけでなく、各地から商人や職人を集めて城下町の建設にも積極的に取り組んだことが、後の岡山発展の基礎を築くことになった。

 国宝だった天守閣は昭和20年の空襲で焼失したが、本丸の月見櫓と西の丸西手櫓は、江戸時代初期のまま現存。最先端技術を施して築かれた当時の面影を残している。

 秋が深まれば、お掘の対岸にある名勝、後楽園の木々が紅葉。漆黒の城と織りなす景観は、岡山の秋の風物詩となっている。

2016.10.27(木)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ