有休とってのんびりハワイ

有休とってのんびりハワイ

一生に一度は体験したい太平洋の楽園!
ラナイ島のフォーシーズンズが極上すぎる

 毎日忙しく働く女子のみなさん、有給休暇、とってますか? 明日からの仕事をがんばるためにも、いつもよりのんびり行きましょう。有休とって、ハワイへ!

 働き女子に必要なのは、とびきりラグジュアリーな体験。ラナイ島の「フォーシーズンズ リゾート ラナイ」は、明日への元気をくれる特別な時間を用意して、私たちを待ってくれています。

なにもかもが極上の「フォーシーズンズ リゾート ラナイ」

 人口約3100人、ハワイ6島のなかでいちばん人口が少なく、町には信号ひとつないラナイ島。地図にすると、こんな感じです。

「フォーシーズンズ リゾート ラナイ」はこの地図の下側、ジャンプするイルカの右上あたり。

 この島はかつてドール社が所有し、世界のパイナップルの約2割を生産していました。そんな「パイナップル・アイランド」と言われていた時代は過ぎ、今は観光業が中心。世界中のリゾートファンを魅了する「プライベート・アイランド」へと変化を遂げています。

左奥に向かってゆったりと弧を描くビーチを眺めながら過ごす極上の時間。

 ラナイ島にあるのはふたつのフォーシーズンズ。今回は2016年2月にリニューアルした、フロポエ湾に面する「フォーシーズンズ リゾート ラナイ」を訪ねました。

 島の南側、フロポエ湾の海岸沿いのなだらかな丘陵にゆったりと広がるリゾート。リゾート内の随所にポリネシア、ミクロネシア、ハワイの文化を伝える工芸品が配され、まるで美術館のようです。

左:フロントロビーから太平洋を一望。
右:ラナイのクプナ(スペシャリスト)によるホオキパ・カルチャー・プログラムのひとつ、ウクレレレッスン。
24時間利用できるプール。
暑い日にはアイスキャンディーのサービスも。

 壮大な太平洋を望むフロントロビーの先には、トロピカルガーデンの中に24時間利用できるプールがふたつあり、ジャグジーを備えたプールは大人専用。太平洋の波がたてる力強い波音をBGMにプールサイドで過ごすのもよし、オープンエアダイニングでおしゃべりを楽しむのもよし。とにかく居心地が良すぎて、時間がたつのをすっかり忘れてしまうほど。

夕暮れどきのダイニング「ONE FORTY(ワンフォーティ)」。

 メインダイニング「ONE FORTY」は、ミディアムステーキを完璧に焼き上げるには140°F(60℃)がベスト、という意味での「ONE FORTY(ワンフォーティ)」。ステーキとハワイ産シーフードを中心とした、幅広いメニューを用意。和食を提供する「NOBU LANAI(ノブ ラナイ)」でもハワイの食材をふんだんに使用して、日本料理の基本を守りつつエキゾチックなテイストを加え、私たち日本人にとってもハワイで出会う新しい日本料理を味わうことができます。

左:100以上のハワイの地元農家や漁師から毎日仕入れる食材を使う。
右:リゾート内レストランのメニューの65%以上がハワイ産。ワインセレクトにも力を入れている。

<次のページ> 究極のラグジュアリーを約束する広大な空間

2016.10.28(金)

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ