有休とってのんびりハワイ

有休とってのんびりハワイ

真っ赤に染まる朝焼けを心に刻む
マウイ島のネイチャーパワーを体感せよ!

 毎日忙しく働く女子のみなさん、有給休暇、とってますか? 明日からの仕事をがんばるためにも、いつもよりのんびり行きましょう。有休とって、ハワイへ!

雲の上ではじめる新しい一日。

 働き女子に必要なのは、大自然の息吹を感じるネイチャーライフ! 標高3055メートルの山から見るサンライズ、農園見学ツアー&ランチ、絶景ビーチでのアクティビティ……。毎日のルーティンワークに疲れた心を、マウイ島の自然が癒してくれるはず。

新しい一日の始まりを目撃するハレアカラの日の出

日の出前から多くの人が集まるハレアカラ国立公園。常夏のハワイとはいえ、標高3000mを超えるのでマフラーなどの防寒具は必須。

 午前2時。まだ真っ暗なうちにホテルを出発して、マウイ島の東側にある標高3055メートルのハレアカラ山の山頂へ。サンライズスポットまで車でアクセスできる、人気の観光地です。空の一部がうっすら明るくなり始めると、いよいよ夜が明けていく瞬間。

 眼下に広がる雲海と、オレンジ色に染まる空……そして日の出の瞬間に合わせて、国立公園の職員による祈りの歌が捧げられます。祈りの言葉の意味は分かりませんが、いま自分がそこに立っていること、そして新しい一日が始まることに感謝したくなる、そんな満ち足りた気持ちになるのが、ハワイのネイチャーパワーなのかも。

太陽が光とともに、温もりを運んでくる。雲海の向こうにハワイ島のマウナケア山が見えることも。

 ハレアカラは世界最大級の休火山で、クレーターの直径は12キロ。赤みを帯びた土がこんもり盛り上がる火口丘が、太古にここで大きな噴火が起きたことを物語ります。

日が昇るにつれて、非日常の風景が目の前に広がっていることに気付く。映画『2001年宇宙の旅』のロケ地でもある。
ハレアカラとはハワイの言葉で「太陽の家」を意味する。中央にある建物が山頂のビジターセンター。

 ビジターセンターの駐車場では、めずらしい高山植物を見ることができます。それがハワイ語でアーヒナヒナ(ahinahina)、日本語では銀剣草(ぎんけんそう)と呼ばれます。こんもりと剣のような葉っぱが生えた上に、にゅっと茎が伸び、そこに花を咲かせます。花が咲くのは数十年に一度だけ、そして花を咲かせたらあとは枯れるのみ。開花している姿を見ることができたら、かなりラッキーなのだそう。

左:花を咲かせた銀剣草。下側の白い部分に光が当たると銀色に輝いて見えることから、この名前がつけられたのだとか。
右:日付のスタンプ入りの訪問証明書はビジターセンターでもらえる。

<次のページ> 大地の恵みを肌で感じるファームツアーへ

2016.10.24(月)

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ