今日の絶景

今日の絶景

晴天に恵まれたカウアイ島の渚では
絶滅危惧種のアザラシがのんびり昼寝

Magnificent View #1061
ポイプビーチ(アメリカ)

(C)Garry Black / Masterfile / amanaimages

 ハワイの中でも晴天率が高いといわれているカウアイ島南岸。ここにあるポイプビーチは、島きっての人気リゾートだ。

 抜けるような青空の下に広がる弓形のビーチは波が穏やかで、海水の透明度も抜群。その美しい光景から、全米ナンバー1ビーチに選ばれたこともある。

 美しいというだけでなく、ここは絶滅危惧種でもあるアザラシの一種、ハワイアン・モンクシールが生息していることでも有名。人間の心配をよそに、のんびりとビーチに寝そべったり、悠々と泳ぐ彼らの姿を見つけることも。

 一帯はもともと、19世紀にサトウキビのプランテーションとして開発されたエリア。かつて地主の豪邸があった場所が後に、リゾート地として発展した。現在は、高級ホテルや洒落た豪華なコンドミニアムが点在している。

2016.08.26(金)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ