今日の絶景

今日の絶景

リオデジャネイロの「砂糖パン」から
オリンピックに沸く街並みを一望する

Magnificent View #1040
ポン・ジ・アスーカル(ブラジル)

(C)Chris Hendrickson / Masterfile / amanaimages

 2016年オリンピック開催に沸くリオデジャネイロ。この街の王道観光スポットといえば、高さ396メートルの奇岩、ポン・ジ・アスーカルだ。

 その名はポルトガル語で、「砂糖パン」という意味。パンのように盛り上がっている形だから、かつて砂糖を精製する際に使っていた道具に似ているから……と諸説あり、その名の由来は定かではないが、かわいらしい呼び名には、どこか親しみを覚える。

 ロープウェイを使って行ける頂上からは、キリスト像が建つコルコバードの丘や、コパカバーナ海岸、高層ビルが立ち並ぶ大都会を一望。ここから眺める夜景は、函館、香港、ナポリと並ぶ世界四大夜景のひとつにも数えられ、絵ハガキや旅行パンフレットにもよく使われている。

 その景色に感動しつつ、旅行者が驚かされるのが、ロープウェイの乗車料金だ。年々値上がりし、オリンピック開催時で約2,500円と、物価が高いリオデジャネイロの中でもかなりの価格。強気の料金設定は、オリンピック開催地となったリオの、自信の表れなのかもしれない。

2016.08.05(金)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ